『スマブラSP』難しかった隠しキャラ解放後の“燃え尽き”を「灯火の星」が救った話

そんな筆者を救った「灯火の星」

 何度かアプローチをかけ、ようやく対戦までこぎつけたものの、やはりキャラ解放時のヒリヒリ感を超える感覚を味わうことができず、物足りない気持ちでいっぱいになってしまう。

 そんな時に見つけたのが「スピリッツ」の「灯火の星」だった。最初はキャラ解放もかねて少し触るだけにとどめていたのを思い出し、再度プレイしてみることに。基本的には相手を倒してマップに散らばるスピリットを集める、というゲームなのだが、通常の対戦とは違い、体力制やダメージ床、相手が巨大化・メタル化など、条件付きのマッチが目白押し。自軍も「アタッカー」「サポーター」と呼ばれるスピリットを組み合わせて相手によって対策を変えたり、特定のスピリットがいないと攻略できないマップがあったり、「スキルボード」で基本ステータスを強化できたりと、RPGに近い感覚でプレイできるうえ、謎解き的な頭を使った攻略が試される。

 筆者はこの手のゲームが得意ということもあり、サクサクと進めることができているが、程よく難易度が高いので、ボコボコになるときも。ただ、相性を考えてサポーターの組み合わせを変えたり、一旦放置して強化したあとに挑んで勝つことができ、単純作業の繰り返しでもないため、飽きることもなく攻略を続けられている。とはいえ子供向きとは言い難い難易度ではあるので、子供がプレイする際は「やさしい」モードにしたり、親子で謎解きをしながらのクリアをオススメしたい。

(文=編集部)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる