iPhoneにはない個性多数 「巨大ディスプレイ」「タフすぎるスマホ」などAndroid端末を紹介

 皆さんはどんなスマートフォンを使っているだろうか? 日本はiPhoneユーザーがかなり多く、iPhoneでこの記事を見ている人も多いだろう。だが実は、世界規模で見るとAndroidユーザーの方が圧倒的に多いのだ。モデル数もiPhoneに比べると段違いに多く、それゆえに面白いコンセプトのスマホも多い。今回は数あるAndroidスマホの中でも面白いコンセプトのものを皆さんに紹介しよう。
※一部国内では購入できない機種も存在する。予め承知していただきたい。

1.スライド式でディスプレイをより広く「Xiaomi Mi MIX 3」

 iPhoneシリーズは、iPhone Xをはじめ、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRとベゼル(画面の枠)が細く、画面占有率が高いモデルが続々と登場している。

 その流れはAndroidでも主流であり、各メーカーが様々な工夫で画面の占有率を上げているのが現状だ。そんな画面占有率の競争のトップを走るのが、中国の大手スマホメーカー「Xiaomi」が先日発表したAndroidスマホ「Mi MIX 3」だ。

 Xiaomi(シャオミ)は中国国内でスマホを始めとする家電などを製造している大手企業で、日本では聞き慣れないが、マニアの間ではコスパが良いと話題のメーカーだ。

 以前からXiaomiスマホのハイエンドブランド「Mi MIX」シリーズは以前から画面占有率を意識し、なるべく画面占有率を上げる工夫をしてきた。

スライド式の機構を採用しており、自撮りの際には本体をスライドさせることで、インカメラを使うことが出来る。

 前作「Mi MIX 2s」の時点で画面占有率は81.9%とまるで画面を持っているかのように感じるほどの画面の広さだったが、新型の「Mi MIX 3」ではさらに画面占有率が上がり、93.4%まで向上した。

 これは比較的画面占有率が高い、iPhone Xなどに比べてもかなりの割合で、Android端末では世界初となる10GBのRAMを搭載したモデルも存在する。現状、Mi MIX 3以上のスペックを発揮するスマホはないと言っても過言ではない。画面サイズは大きいほうが良いが、大きいスマホは持ちたくないという人や、ゲームや動画視聴時の没入感を気にする人にはおすすめだ。

 残念ながら国内では手に入れることが困難で、家電量販店などでは販売していない。海外のネットショップで購入可能だが、使用は自己責任になるだろう。値段はショップやモデルによって異なるが、約68,000円~95,000円だ。

2.ペンが特徴的な「Samsung Galaxy Note 9」

 個性的と言えばGalaxy Noteシリーズを外すことは出来ないだろう。iPadや他社の一部Androidタブレットではペンを使った操作が可能だが、スマホサイズでペンが使える端末はGalaxy Noteだけだと言っても良いだろう。ペンの性能もかなりよく、イラスト作成に使えるレベルの筆圧感知性能を持っており、最新機種のGalaxy Note9では4096段階と、プロの漫画家が使うペンタブにも劣らないレベルの筆圧感知を実現している。

 さらに、パームリジェクション機能にも対応しており、ペンで入力する時に手を画面に置いて書くことが可能だ。最近ではスマホが普及し、スマホでメモを取る人も増えたと思うが、フリック入力だとどうしても喋るスピードに追いつけないという人もいるだろう。そういった人にとっては手書きができる、というのは大きなメリットかも知れない。

 Galaxy Note9ではペンと本体がBluetooth接続され、カメラ使用時にはリモコンとして使えるなど、ペン自体の性能も年々向上している。ペン以外の性能も高く、暗所でもきれいに映る絞り羽根付きカメラ、ゲームもラクラクなパフォーマンスなども魅力だ。国内ではdocomoとauから販売されている。価格はショップや時期によって異なるが、実質負担額は約65,000円~85,000円だ。

3.ゲーミングスマホの最高峰「ASUS ROG Phone」

 スマホゲームは年々クオリティが上がっており、現在はPCや据え置きゲーム機に負けないレベルのグラフィックのものも増えてきた。そんなハイクオリティなスマホゲームを快適に遊びたいという人にぴったりなのが11月下旬に発売されたゲーミングスマホ「ROG Phone」だ。本製品はゲームに特化したスマホで、専用の冷却ユニットや豊富なアタッチメントが特徴されている。

 本体のスペックもかなり高く、Snapdragon 845の性能をさらに高めたオーバークロックバージョンのCPUを搭載し、いかなる時でも最高のパフォーマンスを発揮することができる。毎日のようにハイクオリティなゲームをプレイするスマホゲーマーなら購入を検討してみてもいいだろう。当サイトでも実機レポートを行っているので、合わせて確認して欲しい。

 国内ではSIMフリーモデルとして販売されている。ASUSストアでは119,500円(税別)で販売中だ。NifMoでは24回分割払いが可能で、月額4,815円(税別)で契約することができる。少なくても2年間は快適に使えるスペックなので、分割での購入もありかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!