>  > 決勝戦直前『ラストアイドル 』の舞台裏に潜入

決勝戦直前『ラストアイドル 』の舞台裏に潜入! LaLuce、サムサム、Love Cocchiが負けられない思いを語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ラストアイドル in AbemaTV』(AbemaTV GOLDch)が、8月26日の放送で決勝戦を迎える。ラストアイドルは秋元康プロデュースのもと、昨年2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれたアイドルグループ。同番組から1期生としてLaLuce、Good Tears、シュークリームロケッツ(以下、シューロケ)、Love Cocchi、Someday Somewhere(以下、サムサム)の5ユニットが誕生。2ndシーズンではシングル表題曲を賭けたユニット対抗プロデューサーバトルを行い、秋元康プロデュース・シュークリームロケッツが勝利。現在、テレビ朝日系で放送中の3rdシーズンでは12の椅子を奪い合う入れ替えバトルの2期生オーディションを開催中だ。

【記事の最後に、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

 6月3日よりAbemaTVを舞台にスタートした「プロデューサー対決」の第2弾では、前回に引き続き、プロデューサーとして秋元康、指原莉乃、つんく♂に加え、後藤次利、近田春夫の2名を新たに迎えた表題曲を賭けたバトルが生放送で繰り広げられてきた。決勝トーナメントとなる準決勝戦に勝ち上がったのは、2勝2敗で並んだLaLuce、サムサム、Love Cocchiの3組。今回、リアルサウンドでは、準決勝戦の収録に密着し、試合前の3組へのインタビューを行なうことができた。

 本番10分前。発声練習と振りの確認をするメンバーが続々と舞台裏に到着。収録が始まると、スタジオは異様な緊張感に包まれた。今回の『ラストアイドル in AbemaTV』での特徴は、ファンを入れての試合であること。ファンによるコール、一体感が各グループのパフォーマンスに繋がっていくことが、現場の熱で伝わってきた。放送ではVTRに入るパフォーマンス終わりの部分で、各グループがファンに向けて深いお辞儀を、ファンは拍手を送っていたことも、厚い信頼関係を感じさせた。リアルサウンド テックでは、本番前に3組へインタビュー。ラストアイドルファミリーとしての絆とそれぞれのグループに存在する表題曲を勝ち取るという強い思い、表裏一体の彼女たちの思いが透けて見えた。

「決勝戦直前『ラストアイドル 』の舞台裏に潜入! LaLuce、サムサム、Love Cocchiが負けられない思いを語る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版