>  > ディーン・フジオカ、MUSIC DAY裏配信で悲しみ語る

ディーン・フジオカ「妻の誕生日に一緒にいてあげられなくて」 『THE MUSIC DAY』裏配信で“悲しみ”を語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月7日、正午より放送中の大型音楽特番『THE MUSIC DAY 2018 ~伝えたい歌~』(日本テレビ系)に合わせて、Twitter、ニコニコ生放送、YouTube日テレ公式チャンネル、Facebookで、その裏側を伝える「裏配信★大魔王の部屋」が配信中だ。

 15時すぎ、パフォーマンスを終えたばかりのDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)が登場。ニコ生のコメントも大盛り上がりだったが、本人もステージに大興奮だったようで、「ステージから降りてくる方向を間違えて、搬入口に行ってしまい、楽器を運んでいる方とぶつかってしまった」とお茶目なエピソードを明かしていた。

 MCの青木源太アナは初共演の際、緊張しすぎてトイレに行ったところ、ディーンと鉢合わせ、用を足しながら挨拶をしたという。ディーンからは「連れション仲間ですね(笑)」と、地上波ではなかなか聞かれないような言葉も飛び出していた。ニコ生では「五代さま~」とのコメント(NHK連続テレビ小説『あさが来た』でディーンが演じた五代友厚のこと)があり、青木アナが「まだ“五代ロス”が続いているのか」と突っ込む場面も。

 「伝えたい◯◯」をテーマにしたルーレットトークでは、「悲しい」が選ばれ、ディーンは「実は今日、妻の誕生日なんですけど、一緒にいてあげられなくて……どっちかというと、ごめんなさいですね」と愛妻家ぶりを発揮。また、今回披露した『モンテ・クリスト伯華麗なる復讐』(フジテレビ)の主題歌「Echo」について、「冤罪で牢屋に入れられ、復讐の悪魔に変わる。そういう悲しみや絶望を歌詞にしています」と、うまくトークをつなげていた。

 また、青木アナの「音楽で表現するのと、演技で表現することには違いや切り替えがあるか」という質問には、「演じているときは、ある意味受け身で、監督やプロデューサーが作りたい作品に対して、全身全霊、人生経験も全て使ってお手伝いしているという感覚。音楽をやっているときは、もっとダイレクトに、パーソナルな感じで表現しています」と回答。青木アナは「かっこよすぎて、一番ずるいタイプ!」と憤っていた。

 長丁場の『THE MUSIC DAY』。裏配信は23時まで続き、このあとも多くのアーティストが出演予定だ。人気アーティストの本音トークをチェックしよう。

(文=編集部)

◾️『裏配信★大魔王の部屋』 出演アーティスト

絢香、ANZEN漫才、AKB48、荻野目洋子、おニャン子クラブ、きゃりーぱみゅぱみゅ、欅坂46、倖田來未、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、サンプラザ中野くん、GENERATIONS from EXILE TRIBE、鈴木亜美、高橋優、DA PUMP、TRF、DEAN FUJIOKA、椿鬼奴、PUFFY、Perfume、hitomi、フェアリーズ、船越英一郎、miwa、男性爆弾くっきー&ガリットチュウ福島、横山だいすけ、Little Glee Monster、WANIMA
※五十音順 ※出演アーティストは変更の場合あり

「ディーン・フジオカ「妻の誕生日に一緒にいてあげられなくて」 『THE MUSIC DAY』裏配信で“悲しみ”を語る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版