松本まりか、『ブラック・ジャック』で“獅子面病患者”役に 3つの姿を捉えたビジュアルも

『ブラック・ジャック』松本まりかが患者役に

 6月30日21時より放送される高橋一生主演のテレビ朝日ドラマプレミアム『ブラック・ジャック』に松本まりかが出演することが決定した。

 2023年に連載50周年を迎えた手塚治虫の同名漫画を、24年ぶりにテレビドラマ化する本作。法外な治療費と引き換えに、どんな手術も成功させる無免許の天才外科医ブラック・ジャックが、コロナ禍を経て令和の時代に蘇る。

 主人公ブラック・ジャックに扮するのは、『岸辺露伴は動かない』(NHK総合)、『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』(テレビ朝日系)などの高橋。『アルプススタンドのはしの方』『性の劇薬』の城定秀夫が監督を務め、『JIN -仁-』(TBS系)、『ごちそうさん』(NHK総合)、『天皇の料理番』(TBS系)に加え、2025年放送のNHK大河ドラマ『べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~』の脚本も手がける森下佳子が脚本を担当する。

 松本が演じるのは、原作にも登場する奇病=“獅子面病”を患い、絶望の淵に立たされた患者役。獅子面病とは骨がどんどん膨れ上がり、顔面が獅子のような恐ろしい形相に変形してしまう、治療法不明の病。松本演じる患者は、そんな病に冒され、出口の見えない深い悲しみと苦痛に打ちひしがれる。

 あわせて、特殊メイクで立体化した獅子面病の顔、病を隠すために装着した馬のマスク姿、そして素顔を捉えた3面ビジュアルも初公開された。

■放送情報
『ブラック・ジャック』
テレビ朝日系にて、6月30日(日)21:00〜放送
出演:高橋一生、石橋静河、味方良介、山内圭哉、千葉哲也、玉置孝匡、奥田瑛二、松本まりかほか
原作:手塚治虫
脚本:森下佳子
音楽:大間々昂
人物デザイン監修・衣装デザイン:柘植伊佐夫
監督:城定秀夫
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、齋藤梨枝(テレビ朝日)、島田薫(東映)、土井健生(東映)
制作:テレビ朝日、東映
©Tezuka Productions

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる