ヴィゴ・モーテンセンの監督デビュー作 『フォーリング 50年間の想い出』11月12日公開

 アカデミー賞に3度ノミネートされた経験を持つヴィゴ・モーテンセンの初監督作品『Falling(原題)』が、『フォーリング 50年間の想い出』の邦題で11月12日より全国順次公開されることが決定した。

 『ロード・オブ・ザ・リング』(2001~2003年)3部作のアラゴルン役で世界的人気を獲得し、『イースタン・プロミス』(2007年)、『はじまりへの旅』(2016年)『グリーンブック』(2018年)で3度アカデミー賞にノミネートされたモーテンセンが、本作で監督デビュー。「母親の葬儀からの帰りに思いついた」と語る自身の親子関係を反映した半自伝的な脚本と、音楽も自ら担当。さらに認知症の父を持つ息子役で出演も果たしている。

 航空機のパイロットを務めるジョンは、パートナーのエリック、養女のモニカとロサンゼルスで暮らしている。ある日、田舎で農場を経営するジョンの父親ウィリスが認知症を発症し、引退後に住む家を探すためにジョンのもとへとやって来る。思春期の頃から、ジョンと保守的な父親との間には、ずっと埋まらない心の溝があった。だが、認知症のために過去と現在の出来事が混濁してゆく父と向き合ううちに、親子の50年間の記憶がとめどなく溢れ出していく。

 父親ウィリスを演じるのは、『エイリアン2』(1986年)、『ターミネーター』(1984年)のランス・ヘンリクセン。認知症で息子に頼らなければ生きていけなくなった父を体現した。父を反面教師に、都会的で洗練された生き方を選んだ息子のジョンをモーテンセンが演じ、うまく愛情を表現できない若き日のウィリス役で、『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(2017年)でボルグに扮し、ヨーロッパ映画賞にノミネートされたスヴェリル・グドナソン。ジョンの妹のサラ役には、『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』(2007年)などで3度アカデミー賞にノミネートされたローラ・リニーが抜擢された。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、父親ウィリスと息子ジョンが過ごした50年間にも及ぶ壮大な日々が、幼少期から青年期、そして現代まで、ワンシーンごとに切り取られている。「大人になって、初めて気づいた。父の秘めた想い。」というキャッチコピーが添えられている。

■公開情報
『フォーリング 50年間の想い出』
11月12日(金)より kino cinema横浜みなとみらい・立川高島屋S.C.館・天神ほか全国順次公開
監督・製作・脚本・作曲:ヴィゴ・モーテンセン
出演:ランス・ヘンリクセン、ヴィゴ・モーテンセン、 ローラ・リニー
提供:木下グループ
配給:キノシネマ
2020年/カナダ・イギリス/英語・スペイン語/112分/カラー/ネスコ/5.1ch/原題:Falling/字幕翻訳:高内朝子/映倫 G
(c)2020 Falling Films Inc. and Achille Productions (Falling) Limited· SCORE
(c)2020 PERCEVAL PRESS AND PERCEVAL PRESS INC. · A CANADA – UNITED KINGDOM CO-PRODUCTION
公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/falling



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる