マリヤム・トゥザニ監督作『モロッコ、彼女たちの朝』8月13日公開決定 新場面写真も

マリヤム・トゥザニ監督作『モロッコ、彼女たちの朝』8月13日公開決定 新場面写真も

 第92回アカデミー賞モロッコ代表作『モロッコ、彼女たちの朝』の公開日が、8月13日に決定。あわせて新場面写真が公開された。

 新星マリヤム・トゥザニ監督が、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた本作。家父長制の根強いモロッコ社会で女性たちが直面する困難と連帯を、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという質感豊かな色彩と光で描き、2019年のカンヌを皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴びた。現在までにアメリカ、フランス、ドイツなど欧米を中心に公開。日本でモロッコの長編劇映画が劇場公開されるのもこれが初めてのこととなる。さらに女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選ばれるなど、長編デビュー作ながら快進撃が続いている。

 カサブランカのメディナ(旧市街)で、女手ひとつでパン屋を営むアブラと、その扉をノックした未婚の妊婦サミア。それぞれに孤独を抱えていた2人だったが、丁寧に捏ね紡ぐ伝統的なパン作りが心を繋ぎ、やがて互いの人生に光をもたらしてゆく。モロッコの伝統的なパンや焼き菓子、幾何学模様が美しいインテリア、軽やかなアラビア音楽。あふれる異国情緒とともに、親密なドラマが描き出される。自分らしく生きると決めた彼女たちが迎える朝の景色とは。

 公開された場面写真は、「魅惑の国」とも呼ばれるモロッコのインテリアや雑貨が美しい写真5点。地中海に面した北アフリカに位置するモロッコは、アフリカやアラブ、欧州などさまざま国の文化が混ざり合い、独自の文化を築き上げてきた国。サミアが持っている美しい細工が施された銀のティーポット。またアブラと娘のワルダが食事をとるシーンや、ワルダが机に向かって勉強をするシーンでは、繊細な幾何学模様の壁紙が確認できる。また、サミアとアブラのカラフルなスカーフや、カサブランカのメディナ(旧市街)が写し出されている。

20210611-morocco-02
20210611-morocco-03
20210611-morocco-04
20210611-morocco-05
previous arrow
next arrow
20210611-morocco-02
20210611-morocco-03
20210611-morocco-04
20210611-morocco-05
previous arrow
next arrow

■公開情報
『モロッコ、彼女たちの朝』
8月13日(金)、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
監督・脚本:マリヤム・トゥザニ
出演:ルブナ・アザバル、ニスリン・エラディ
製作・共同脚本:ナビール・アユーシュ
提供:ニューセレクト、ロングライド   
配給:ロングライド
2019年/モロッコ、フランス、ベルギー/アラビア語/101分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/英題:Adam/日本語字幕:原田りえ
(c)Ali n’Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artemis Productions
公式サイト:https://longride.jp/morocco-asa/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる