台湾アカデミー賞3部門受賞『親愛なる君へ』7月公開 血の繋がりを越えた“家族”の絆を描く

 チェン・ヨウジエ監督が5年ぶりにメガホンを取った最新作『親愛的房客(英語:Dear Tenant)』が、『親愛なる君へ』の邦題で7月23日に公開されることが決定した。

 『一年之初(一年の初め)』や『ヤンヤン』など、人と人のつながりや人生模様、アイデンティティを描くチェン・ヨウジエ監督の最新作となる本作は、老婦・シウユーとその孫のヨウユー、そのふたりの面倒を見る青年・ジエンイーの3人が、血の繋がりを越えた家族の絆を紡ぐ物語。

 ただの間借り人のはずのジエンイーがふたりに尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族だからだが、ある日、シウユーが急死してしまう。その死因を巡り、ジエンイーは不審の目で見られるようになる。警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには罪を認めてしまう。だがそれはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった。

 主演を務めたのは『一年之初(一年の初め)』でもチェン・ヨウジエ監督とタッグを組んだモー・ズーイー。本作では、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)や、第22回台北映画奨、第2回台湾映画評論家協会奨で最優秀主演男優賞を受賞している。また、老婦の名演が光る“国民のおばあちゃん”の別名を持つチェン・シューファンは、第57回台湾アカデミー賞で最優秀助演女優賞を獲得した。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、「間借り人は少年にとって“もうひとりのパパ”」というキャッチとともに、ジエンイーと血の繋がりのないヨウユーが海辺で切ない表情で抱き合う写真が大きく配置されている。

■公開情報
『親愛なる君へ』
7月23日(金・祝)シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開
監督・脚本:チェン・ヨウジエ
監修:ヤン・ヤーチェ
出演:モー・ズーイー、ヤオ・チュエンヤオ、チェン・シューファン、バイ・ルンイン
配給:エスピーオー、フィルモット
2020年/台湾/カラー/106分/シネマスコープ/5.1ch/原題:親愛的房客
(c)2020 FiLMOSA Production All rights
公式サイト:filmott.com/shin-ai
公式Twitter:@filmott

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる