セルゲイ・ポルーニンが熱い口づけ 『シンプルな情熱』予告編&ポスタービジュアル

 7月2日よりBunkamura ル・シネマほかにて全国ロードショーされる『シンプルな情熱』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、ノーベル文学賞にも候補に名を連ねるフランス現代文学作家アニー・エルノーが1991年に発表したベストセラー恋愛小説を映画化したラブストーリー。

 パリの大学で文学を教えるエレーヌ(レティシア・ドッシュ)は、あるパーティでロシア大使館に勤めるアレクサンドル(セルゲイ・ポルーニン)と出会い、そのミステリアスな魅力に強く惹かれたちまち恋におちる。自宅やホテルで逢瀬を重ねる度に、彼との抱擁がもたらす陶酔にのめり込んでいく。今まで通り大学での授業をこなし、読書も続け、友達と映画館へも出かけたが、心はすべてアレクサンドルに占められていた。年下で気まぐれ、妻帯者でもあるアレクサンドルからの電話をひたすら待ちわびる日々の中、エレーヌが最も恐れていたことが起きてしまう。

 エレーヌを演じるのは、『若い女』(2017年)でリュミエール賞有望女優賞を受賞したレティシア・ドッシュ。世界的バレエダンサーのセルゲイ・ポルーニンがアレクサンドルを演じた。監督を務めたのは、レバノン出身のダニエル・アービッド。本作は2020年の第73回カンヌ国際映画祭に公式選出された。

映画『シンプルな情熱』予告編

 このたび公開された予告編は、エレーヌがアレクサンドルをインターネットで画像検索する場面から始まる。エレーヌが過去を振り返り「去年の9月から何もせず ある男性を待ち続けた 彼の電話と訪問を」と語るナレーションと共に描かれるのは、恋人を最高の状態で出迎えるため、大急ぎでメイクをし、服を選ぶ、かつてのエレーヌ。そして再会した二人は、対面するやいなや、熱い口づけをするのだった。アレクサンドルについて想い、彼からの留守電に新しいメッセージがなかったことに落胆するエレーヌ。また「恋する男は目を閉じてキスをするのか?」という議題で、親友と恋バナで盛り上がり、一心にアレクサンドルを想うエレーヌを紡いでゆく。一方で、親友からは「彼はロシアへいつか帰るのよ」と忠告もされるのだが……。フライング・ピケッツ「ONLY YOU」のメロディと共に、エレーヌの繊細な心情が垣間見える予告編となっている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『シンプルな情熱』
7月2日(金)Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー
監督:ダニエル・アービッド
出演:レティシア・ドッシュ、セルゲイ・ポルーニン、ルー=テモー・シオン、キャロリーヌ・デュセイ、グレゴワール・コラン 
原作:アニー・エルノー『シンプルな情熱』(ハヤカワ文庫/堀茂樹訳) 
配給:セテラ・インターナショナル
原題:Passion simple/フランス・ベルギー/フランス語・英語/2020/99 分/R18+/日本語字幕:古田由紀子
(c)2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる