『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』特別映像公開 A・マッキー×S・スタンが語る

 ディズニープラスにて独占配信中のドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』より、特別映像と新場面写真が公開された。

 本作は、アベンジャーズの先頭に立ち、世界の平和を守ってきたヒーロー、キャプテン・アメリカが自身の象徴である盾(シールド)をファルコンに引き継いだ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストシーンから直結する物語。アベンジャーズメンバーとしてともにキャプテン・アメリカと戦ってきた人工の翼を駆使する空飛ぶ戦士ファルコン(サム・ウィルソン)に加え、かつては洗脳され暗殺者として活躍していたものの、本来の人格を取り戻し、長年の親友であるキャプテン・アメリカとともに戦うようになった超人兵士、ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)が主人公として、世界を揺るがす壮大な戦いに巻き込まれていくこととなる。

 これまで同様に、ファルコンをアンソニー・マッキー、ウィンター・ソルジャーをセバスチャン・スタンが演じ、『ウォーキング・デッド』『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のエピソード監督を務めたカリ・スコグランドがメガホンを取る。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー|インタビュー映像|Disney+ (ディズニープラス)

 特別映像では、セットを使っての撮影風景とともにマッキー、スタンらが作品を語る。インタビューの中で2人は、「すごく爽快で興奮するよ!」「昔のアクション・コメディ映画を彷彿とさせるんだ。何が起こるか予測不能だよ」と本作の魅力をアピールしている。

 スコグランド監督は、マーベル・スタジオのCEOでこれまでマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品のすべての製作プロデューサーを務めたケビン・ファイギから「僕たちは6時間の映画を作るんだ」と言われていたと語る。「ドラマという手法を使うことで、この2人(ファルコンとウィンター・ソルジャー)のキャラクターと彼らの世界の奥深くにまで入り込んでいけます。(2人のキャラクターにとって)これまでの映画が軽食だとしたら、この6時間におよぶシリーズはまさにメインコースです」と、ドラマシリーズというフォーマットを使って、ファルコンとウィンター・ソルジャーのキャラクターをさらに深掘りをしていくとコメント。さらに「それでいて、MCUにつきものの素晴らしい要素がすべて盛り込まれています。アクション、コメディ、スピーディーなストーリー展開、お馴染みの顔ぶれ、それに新しいキャラクターとね。すべてがとても共感できるものばかりですよ」と本作への強い自信を覗かせている。

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』
ディズニープラスにて独占配信中
出演:アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、ダニエル・ブリュール
監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
原題: The Falcon and Winter Soldier
(c)2021 Marvel