『青天を衝け』巧みな時間変化の演出 笑顔の吉沢亮、無表情の草なぎ剛の対照的な姿も

 大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)第2回「栄一、踊る」では、数年の歳月が経ち、キャストの多くが子役から青年役へと成長を遂げる。

 全編43分の放送時間の内、30分ちょうどに時が過ぎ去る演出が来るのにもこだわりを感じさせたが、栄一であれば小林優仁から吉沢亮へと自然な流れでバトンタッチしていったのも美しかった。それは晩年まで栄一が愛し、現在も「血洗島獅子舞」として地元の人々に引き継がれている獅子舞を踊るシーン。

 藍の刈り取りに養蚕、お代官の命により人足仕事も加わり多忙を極めた6月。栄一自身、疲れているのにも関わらず、みんなを楽しませたいという一心で喜作(石澤柊斗)と一緒に「五穀豊穣」「悪疫退散」を願ってステップを踏む。それは「あんたが嬉しいだけじゃなくて、みぃんなが嬉しいのが一番なんだで」という、母・ゑい(和久井映見)の教えからの行動。その年はできなかった祭りが、数年後にはめでたく開催。そこには栄一と喜作の姿が。彼らの表情が分かるように獅子舞の中を映し出し、小林優仁から吉沢亮へとシームレスに移り変わっていくのも見事だ。

 栄一だけでなく、ほかのキャストもすくすくと成長し、喜作は高良健吾、千代は橋本愛、長七郎は満島真之介とメインキャストがずらっと顔を揃える。剣術に読書にと励む栄一らの元に、千代と一緒にやってきた平九郎(高木波瑠)は後に岡田健史が演じることとなる尾高家の末っ子だ。また、ここでは栄一、喜作、千代の三角関係も仄めかされている。「器量よし」と千代を褒める喜作に、千代をじっと見つめる栄一。千代を目の前にして幸せにすると誓っていた幼少期を考えると、栄一も思春期を迎えたと捉えるべきか。

 一方、慶喜(笠松基生)も家慶(吉幾三)から実の息子のように可愛がられながら、青年へと成熟していた。笠松基生から草なぎ剛への入れ替わりは、栄一の獅子舞を彷彿させながらも慶喜の二面性を映し出した演出。家定(渡辺大知)ではなく、ゆくゆくは壮健な慶喜が徳川家の跡継ぎとなることを家慶から遠回しに告げられ「ありがたき幸せに存じ上げまする」と頭を下げる慶喜と、能を舞い面を外した後の表情は対照的だ。能面を外しながらも、さらに仮面を被った表情を浮かべる草なぎの演技は、いまだ得体の知れない慶喜の恐ろしさを際立たせている。