『君と世界が終わる日に』インタビュー

竹内涼真×笠松将が見せる『きみセカ』と正反対の関係 「100%の気持ちでぶつかっていける」

 「まるで少年マンガから飛び出してきたような2人」。現在放送中の日本テレビ×Hulu共同製作のドラマ『君と世界が終わる日に』に出演中の竹内涼真と笠松将を評して、こんな言葉がSNS上で上がっている。

 “テレビドラマ”のスケールを飛び越えた異例のゾンビドラマとして日曜日の夜を盛り上げている本作。主人公・間宮響を演じる竹内と、響のかつての親友であり現在は対立関係にある等々力比呂を演じる笠松は、光と闇、月と太陽のように正反対の輝きを見せている。劇中では怒鳴り合うシーンが多い2人だが、カメラから離れた場所ではまったく別の素顔を見せてくれた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

笠松「竹内くんってめちゃくちゃ良いヤツ」

ーー毎話ごとにキャラクターが命を落とすなど、本編は辛い展開が続いています。かなりハードな現場かと思うのですが、皆さんのSNSを観ると本当にチームワークが良いですね。

竹内涼真(以下、竹内):どの現場でも同じ時間を過ごす中でチームワークの良さは出来上がるんですが、連ドラのほとんどは2~3カ月一緒に過ごして高まってきたぞ!というところで終わっちゃうことが多いんです。でも、本作はseason2(Huluで配信)があることもあり、撮影期間が長いこともありますが、一番最初からきついシーンの連続だったこともあって、みんなとの距離が縮まるのは早かったですね。笠松くんとも、撮影の前から一緒に弓道の練習をしたり、台本について話し合ったり、いつもより周到に準備ができたこともあってすぐに打ち解けました。最初からお互いのテンションもなんか合ったんですよね。常に意見交換もできるので、やっていて楽しいです。響と等々力は相容れない関係ですけど、演じる前にお互いを信頼していないとそれもできないと思ったので。

笠松将(以下、笠松):いきなりこんなこと言うと嘘っぽく聞こえるかもしれないんですけど、竹内くんってめちゃくちゃ良いヤツなんですよ。

竹内:いきなり(笑)。

笠松:これ本当に。僕、撮影現場では仲良くなる人はあまり多くないんです。でも、この現場で初めて竹内くんと一緒になって、最初から声をかけてくれて。細かい話になっちゃいますけど、連絡先も竹内くんから聞いてくれて、「インスタもフォローしていいですか?」とか、僕からは言いづらいことを全部彼からやってくれたんです。みなさん、僕が言っているんだから、“良いヤツ”と信じてもらって間違いないです。

竹内:(笑)。

ーー本作の等々力もそうですが、これまで笠松さんが演じてきた役柄の多くは、一匹狼的なキャラクターだったり、陰のある役柄が多かったです。そのせいもあってか、素の笠松さんにクールなイメージを持っている方がほとんどだと思うんです。だから、放送前からインスタライブなどで竹内さんとはしゃいでる姿にギャップがありました(笑)。

竹内:僕も笠松くんの出演作は観ていたのですが、役者はあくまで演じているので、そんなにクールな印象はなかったんです。だから最初からあまり近寄りがたいとかはなかったですね。もちろん、どんな人も「はじめまして」の挨拶から始まって、心を閉ざす人なのかな?と感じたら徐々に近づこうと思いますし、大丈夫な人だったら最初からいきますし。笠松くんは全然大丈夫な人だったので、距離が近くなるのも早かったですね。僕もどんな人でも仲良くなれるわけでは当然なくて、笠松くんが受け入れてくれたのが何より大きいです。何だか根本的なところで似ているんだよね。

笠松:そうだね。

竹内:演じることや作品について深く話していると、思う所が一緒で。だから話していて面白いし。でも、根本的な部分は全く別物でもあって。

笠松:わかるわ。

竹内:そこが面白いんです。