『天国と地獄』溝端淳平演じる八巻が大奮闘 日高と奄美大島の繋がりとは?

「やーまーきーーーーーーっ!」

 日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)第3話は、彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の入れ替わりに気づいた、後輩・八巻(溝端淳平)が大奮闘。手に汗握る、スリリングな1時間となった。

彩子&八巻のドタバタバディにハラハラしっぱなし

 日高が歩道橋の上から捨てたカーキの革手袋は大型トラックの荷台で運ばれ、行方がわからなくなっていた。日高がINした彩子と八巻の会話を聞いていた“セク原”こと河原(北村一輝)により、トラックが通った道路沿いの県警に協力依頼が通達され、大掛かりな捜索が開始される。

 革手袋から日高の指紋と被害者のDNAが検出されれば、彩子がINした日高が逮捕されてしまう。それはなんとしても避けたい八巻は、彩子の指示に従って手袋のすり替えを試みる。だが、左右は間違えてしまうわ、怪しむ日高の話術にまんまとハマって入れ替わりに気づいていることがバレバレな会話をしてしまうわ、ツッコミどころ満載だ。

 一方、日高の姿にまだ慣れていない彩子は、今度は女湯に入るという大失態をやらかす。もはや殺人容疑で逮捕される前に、不審者として警察のお世話にならないかと心配になるほどだ。そんなドタバタバディだが、なんとか日高の手袋(左)を手に入れることに成功。右の手袋も科捜研にまで回ってしまい、あわやというところだったが、被害者のDNAが出ずに九死に一生を得る。

 あまりにラッキーな展開に八巻は、日高が河原に協力して信頼を勝ち取り、手袋からはバクテリアにより分解させて証拠は出させないというところまで、全て計画していたのではないかと予想。彩子は「さすがにないでしょ」と言いながらも、ドタバタバディが命拾いをしたのは、日高がいたからに違いないと思わずにはいられない。

謎が謎を呼ぶ、奄美大島と日高の関係

 八巻に物証すり替えを託し、彩子は日高の姿で「月と太陽の入れ替わり伝説」を突き止めるために奄美大島へと渡る。だが、言い伝えは言い伝えだと、誰に聞いてもなかなか有力な情報は出てこない。

 また、民宿の主人はシヤカナローの花を「サガリバナ」だと思っていると言うが、サガリバナは夏にしか咲かない花。しかもたった一夜だけ花開き、夜明けとともに散ってしまう幻の花。残念ながら、彩子と日高が入れ替わった時期とは合わない。

 ただ、1つわかったことは、彩子が見た日高と対峙する夢は、奄美大島・ホノホシ海岸の風景とよく似ていたということ。そして、このホノホシ海岸は砂浜ではなく、まん丸い石が敷き詰められている。その特徴的な丸さから、おそらく殺人事件の凶器となった石が、この海岸のものだということも。

 加えて、この海岸の石は持って変えると良くないことが起こるという呪いの石だと、地元の人が教えてくれた。「どうしても捨てられないんです」日高はなぜか凶器となったこの石を大事に持っていた。証拠などすぐにでも隠滅したほうがいいにも関わらず。果たして、これが入れ替わり伝説のキーとなっているのだろうか。

 さらに、民宿の壁には以前訪れていた日高の写真が飾られていた。緋美(アケビ)集落という場所に訪れていたと聞き、さっそく訪ねてみるが目ぼしいものは何もない場所だった。一軒、廃墟があったものの、最近まで人が住んでいた形跡もなさそうだ。一体、日高は何をしにこの集落まで足を運んでいたのだろうか。