すでにスタートダッシュを切っている! 杉咲花、北村匠海ら、2021年も期待の丑年生まれ俳優陣

 毎年この時期になると、筆者にとって恒例となっている“年男・年女”の俳優たちに注目する本企画。さて、2021年は「丑年」である。すでにスタートダッシュを切っている杉咲花、北村匠海、松本穂香たちなど、おもに“若手”の演技者たちに注目したい。

『おちょやん』(写真提供=NHK)

 朝ドラ・ヒロインという大役を務める『おちょやん』(NHK総合)が、激動の2020年の終盤にスタートした杉咲花。彼女にとっても大変な年だったのではないかと思うが、出演した『弥生、三月-君を愛した30年-』や主演作『青くて痛くて脆い』も無事に公開され、有終の美を飾るかたちになったのではないかと思う。彼女の名にふさわしく、花を咲かせたわけだ。しかしまだ咲きはじめたばかり。彼女が『おちょやん』で演じるのは、日本が誇る名女優・浪花千栄子をモデルとした存在。映画史に名を残す演技者を、若き演技者である杉咲がどのように体現していくのか注目だ。

『にじいろカルテ』(c)テレビ朝日

 北村匠海には、ここしばらく驚かされっぱなしである。2020年は『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『とんかつDJアゲ太郎』『さくら』と、毛色のまったく異なる主演作が公開。それらでの北村を目にするたびに、彼の器用さと表現力の高さに“パンチ”をもらったものだった。そして、とどめを刺してきたのが前・後編から成る大作『アンダードッグ』でのボクサー役だ。北村演じるボクサーが自身の尊厳を賭けて闘う姿には、彼もまた主役の一人だと思えた。完全に“ノックアウト”された方も多いことだろう。この勢いに乗って、さっそく1月からは『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)でお茶の間に顔を見せる。『砕け散るところを見せてあげる』や、公開延期となっていた主演作『東京リベンジャーズ』も満を持してお目見え。次はどんなパンチが飛んでくるのだろう。

『連続ドラマW 華麗なる一族』(c)WOWOW

 近年、その存在感を一気に増している松本穂香は、『his』『青くて痛くて脆い』に、『酔うと化け物になる父がつらい』『君が世界のはじまり』『みをつくし料理帖』と、主演を務めた映画が3作も公開。それに加え、アニメ映画『君は彼方』でも主演声優を担当している。松本は作品の規模、ジャンル、自身の演じる役どころを問わず各作品にフィット。いずれの作品、あるいは役を見ていても、彼女にしか演じられないものなのだと素直に思わされる。「この役を演じるのは、松本穂香でなければならない」ーーと、ときおり関係者から聞かされるのだが、納得である。彼女にとってそんな作品や配役の情報が、これからまた明かされていくのではないだろうか。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(c)テレビ朝日

 2020年はスクリーンでその姿を見ることは叶わなかったものの、テレビドラマでお茶の間をにぎわせた平野紫耀と小芝風花。平野の俳優活動に関しては、中島健人とダブル主演を務めた『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)のみだったが、彼が演じた天然でひたむきな人物像は平野自身とも重なり、ハマリ役であった。『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)のヒロイン役でコメディエンヌぶりを発揮した小芝は、『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)で民放の連ドラ初主演。『書類を男にしただけで』(TBS系)でも主演を務めた。彼らの快活さは見る者に元気を与えるーーテレビモニター越しに見た二人の快活な姿を振り返ってみれば、これに頷く方は多いはず。今年はその姿をスクリーン越しにも見られることを願いたい。