芦田愛菜、『麒麟がくる』第38回から登場 たま(ガラシャ)役に「芯が強くてかっこいい女性」

芦田愛菜、『麒麟がくる』第38回から登場 たま(ガラシャ)役に「芯が強くてかっこいい女性」

 毎週日曜日に放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)。このたび、12月27日放送の第38回より初登場する芦田愛菜よりコメントが寄せられた。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀(長谷川博己)を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 芦田が演じるのは、光秀の娘・たま(後の細川ガラシャ)。天真爛漫な性格で、光秀の心の支えとなる。

 芦田は戦国時代の女性の中でもたまは憧れだったようで、「作品に入る前に監督やプロデューサーの方とお話させていただき、たまはすごく芯が強く、幼いながらも戦国に生きる女性としての覚悟を持っているので、それを根底に演じてほしいと言われました。私が今まで持っていたガラシャのイメージも、芯が強くてかっこいい女性を思い描いていましたので、 そこを意識して演じました」と周到な準備をして現場に臨んだことを明かした。

芦田愛菜(たま役)コメント全文

『麒麟がくる』への出演が決まった際、どこにいっても「大河ドラマ 出るんだってね」と声をかけていただき、みなさんに愛されている作品だと感じましたし、そのような作品に参加させていただき、すごく嬉しかったです。
そして、戦国の女性の中でも憧れだった、たま(後のガラシャ)の役をいただき、本当に嬉しかったです。作品に入る前に監督やプロ デューサーの方とお話させていただき、たまはすごく芯が強く、幼いながらも戦国に生きる女性としての覚悟を持っているので、それを根底に演じてほしいと言われました。私が今まで持っていたガラシャのイメージも、芯が強くてかっこいい女性を思い描いていましたので、そこを意識して演じました。
そして、たまにとっては、母の熙子が理想の女性です。お母さんのようにあたたかく優しく、そして大好きな父上や家庭を支えていく存在になりたいという気持ちを持っていたのではないかなと思いながら、たまを演じました。是非ご覧ください。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる