作曲家マックス・リヒターによる“眠り”のためのコンサートを体験 ドキュメンタリー『SLEEP』公開

『SLEEP』2021年3月公開

 ドキュメンタリー映画『Max Richterʼs Sleep(原題)』が、『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』の邦題で2021年3月26日に公開されることが決定した。

 本作は、真夜中から明け方まで、会場に並べられたベッドに横たわり、眠っている間に聞くために作られた8時間以上に及ぶマックス・リヒターのコンサート「SLEEP」の全貌とその裏側を、このコンサートを企画し、「SLEEP」の作曲・演奏も手がけた音楽家リヒターの素顔とともに追いかけたドキュメンタリー。ボノやサム・スミスなど様々なミュージシャンとコラボレートしてきたナタリー・ジョーンズが監督を務めた。

 2018年7月、真夜中のロサンゼルス。コンサートは明け方まで約8時間以上に渡って続くため、リヒターをはじめ演奏者たちは準備に余念がない。やがて観客たちが入場。ステージの前には簡易ベッドが並び、観客は寝袋を出したり毛布を広げたり、それぞれのやり方でコンサートに備える。驚くべきことに、ミュージシャンが演奏中に観客は寝てもいいし、会場を自由に歩き回っても、外に出ても構わないのだ。そんな型破りなコンサートをリヒターが思いついたのは、睡眠に対する素朴な興味からだった。睡眠は人間にどんな影響を与えているのか。音楽はどんな風に人間の脳に影響を与えるのか。リヒターは脳科学者のデイヴィッド・イーグルマンの協力のもと音楽と睡眠を科学的に分析し融合、これまでに誰も経験したことのない新しい音楽体験、そして最高級の“眠り”と“目覚め”へと導くための楽曲「SLEEP」を作り上げていく。

■公開情報
『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』
2021年3月26日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督:ナタリー・ジョンズ
出演:マックス・リヒター、ユリア・マール、グレース・デイヴィッドソン、エミリー・ブラウサ、クラリス・ジェンセン、イザベル・ヘイゲン、ベン・ラッセル、アンドリュー・トール
製作:ステファン・デメトリウ、ジュリー・ヤコベク、ウアリド・ムアネス、ユリア・マール
配給:アット エンタテインメント
2019年/イギリス/英語/99 分/シネスコサイズ/原題:Max Richterʼs Sleep/G
(c)2018 Deutsche Grammophon GmbH, Berlin All Rights Reserved
公式サイト:max-sleep.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる