妻夫木聡×吉高由里子、初共演で意気投合!? お互いにプレッシャーを感じた『危険なビーナス』

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を原作にラブサスペンスを描くTBS日曜劇場『危険なビーナス』。主人公・手島伯朗役に妻夫木聡、ヒロイン・矢神楓役に吉高由里子と初共演コンビを迎え、伯朗と楓が、名家・矢神一族の財産争いを軸に発生した様々な謎を解明しようと奔走する。

 今回、リアルサウンド映画部では、妻夫木聡と吉高由里子にインタビュー。初共演とは思えない距離感で、各々のイメージを語った。

妻夫木聡「プレイボーイで叩かれたい」

ーー今後の2人の関係性や、タッグがどう強まっていくのかを教えてください。

吉高由里子(以下、吉高):2話以降はコミュニケーションがもっとラフになって、クスッとなるような掛け合いも増えてくると思います。「楓は何の仕事をしてるの?」っていうくらい、常にお義兄様のところに来て、一緒に行動することが多いので、私と妻夫木さんの仲もそうやってコミュニケーションをとっていく時間が増えています。

ーー撮影の合間はどんな会話を?

吉高:今はあまり会話をしちゃいけないような空気なので、今までみたいに前室でお話をするという感じはないですね。次のカットの間とかだと、他愛もない話だったり、一緒に台本を読んでいただいたりしてます。

ーー妻夫木さんはどうですか?

妻夫木聡(以下、妻夫木):ごめんなさい、このままどこまで喋らないでいられるかなって(笑)。

吉高:ダメでしょ! すごいだんまりしてるなと思ってた。

妻夫木:吉高さんが本当にムードメーカーになって現場を盛り上げてくれているんです。最近、吉高さんの中で、助監督をいじるのがブームみたいで、助監督さんをいじり倒しているのを見るのが結構面白いですね(笑)。

ーー第1話では、伯朗が楓にビンタされていましたね。

妻夫木:痛かったです(笑)。でも冗談抜きで、ちゃんとやってくれる人ってなかなかいなくて。気を遣ったりする方が多いんですけど、それは人間だからだし、皆さん優しいからなんだけど。やっぱり役をやってるときは、役の感情でやってほしいから、気にせずやってくれるのはすごく嬉しいですね。痛い芝居するのって嫌じゃないですか。「いっ」って言うくらいがよかったので、僕は嬉しかったです。

吉高:撮影に入って3日目とかでしたっけ? まだコミュニケーション取り始めみたいな感じだったので、うーんとか思いながらも、なぜかカバンを左手で持ってしまっていて。左利きなのに右手が空いてしまったので、ここで持ち替えても変だよなと思って。何回もやるのも嫌なので、一発で思い切りいかせていただきました。そしたら思ってる以上に力が入っちゃったみたいで。妻夫木さんが「いっ」って言った瞬間、私「いやー」と思いましたね。「やべー」と思ったけど。

妻夫木:すぐ、「ごめんなさい」って言ってくれましたね。

吉高:ごめんなさい。

妻夫木:やっぱり思いっきりやってもらいたいです。

吉高:またあるんですよ……。

妻夫木:僕、よく役で女性に叩かれるんです。そういうキャラなのかな? 男の人ってそんな女性に叩かれるかな? プレイボーイだったらわかるんですけど、プレイボーイの役なんて1回もやったことないんです。プレイボーイじゃなくて叩かれるのって何なんだろうな(笑)。

吉高:プレイボーイ1回もない(笑)。

妻夫木:どちらかというと、プレイボーイで叩かれたいよね。「最低!」みたいな感じで。

妻夫木聡は“明るいモンチッチ”?

ーー撮影を経てお互いの印象が変化したところはありましたか?

吉高:失礼ですけど、はじめは「イェーイ」みたいな、モンチッチなイメージがあって。けど、すごく考える人なんだなって。考えて考えて、考えすぎちゃう人っていうくらい、常に頭が動いていて。あとはすぐ引きずって、反省をする、すごくナイーブな方なんだと思いました。

妻夫木:か細いんです、僕は(笑)。普段は基本的にモンチッチみたいなタイプだとは思うんですけどね。

吉高:もう、明るいモンチッチで、図太い人だと思ってたんですけど、全然違って。繊細なんです。

妻夫木:吉高さんは本当に勘が鋭い人だと思うんです。感性で動いていると思っていたところもあったんですけど、そもそも本当に頭がいいんです。感覚だけじゃない部分を自分で意識させないようにいるのはすごいと思います。周りにあまり気を遣わせない人で、意外と自分が犠牲になって、いろんなことをやろうとしている。会う前はあまり汲み取れなかった部分だったので、それは発見でした。

ーーお互いの演技を受けて感じた刺激はありますか?

吉高:妻夫木さんは、私がどんなに転がり落ちていこうとしていても拾い上げてくれる、頼もしくて安心感がある方。丸投げしちゃうところもありますし、初共演って思えないぐらい気持ちいい感覚でいてくれて。もちろん尊敬もしてますし、信頼もしていて、会って間もないけど絶対大丈夫だって思うのは、楓と伯朗の関係性に似てるかもしれません。

妻夫木:楓は得体の知れない人で、僕も魅力的に演じてほしいと思っているので、本当に自由にやってほしいなと最初からずっと思っていて。だから、現場ではいつも、どんなことでも受け止められるようにいるつもりです。吉高さんは変幻自在なところがあるので、ずっと見ていて楽しいです。