岡田結実、『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』出演決定 「私にとってはある意味チャレンジ」

岡田結実、『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』出演決定 「私にとってはある意味チャレンジ」

 岡田結実が、WOWOWプライムにて11月22日放送スタート予定の上川隆也主演ドラマ『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』に出演することが決定した。

 本作は、デビュー作『さよならドビュッシー』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞して以来様々な作品を送り出した中山七里の同名小説を映像化するもの。上川はスクープを追う有名週刊誌の副編集長・志賀を演じ、加藤シゲアキが、週刊誌記者・井波渉役で出演する。

 仕事ぶりを評価され、順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいた志賀。しかし、ある日、事態は一変。一人息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶った。スクープを追う側だった志賀は、一転、追われる立場となる。凶悪事件の容疑者家族として、世間からバッシングを受ける日々、まさに絶望の淵に立たされる中、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。

 岡田が演じるのは、被害者遺族の少女・星野奈々美。奈々美は、志賀の息子が引き起こしたストーカー殺人事件によって両親を奪われた女子高生で、容疑者が死亡すると、その父親である志賀に恨みを募らせるようになる。岡田がWOWOW連続ドラマWに出演するのは本作が初となる。

 出演が決定した岡田からはコメントが寄せられている。

岡田結実 コメント

オファーを受けた際の気持ち

WOWOWのドラマに出演させていただくのも初めてですし、今までの私の少ない役者経験の中では、明るい役や楽しい役を演じることが多かったので、その中で星野奈々美を演じるという事は私にとってはある意味チャレンジです。お話をいただいた時は、興奮と同時に不安がありました。未だに私でいいのかな、なんて思ったりする日もあります。そして私が初めて連続ドラマに出させていただいた時も中山七里先生のお話でしたので、あの時の想いをリベンジできるように努めたいです。本を読んだ時の衝動的な感情、そしてドラマに携わるスタッフさんの想い、周りの役者さん方のエネルギーを存分に蓄えて、私なりの星野奈々美との重なりを表現できるようになりたいという気持ちで、今はいっぱいです。

脚本を読んでの印象

『夜がどれほど暗くても』というタイトルにあるように、この作品を読んでいて登場人物は皆、暗闇の中を走っていると感じました。光が何処にあるかはわからない、だけど、ただただひたすらに自分の信じるものを信じ走り続けている姿。その先に光が無くても信じるものを信じ続ける力。その姿に、私も一緒に走れるんだと思ったら嬉しく感じました。
世間でも問題視されているSNSや報道のあり方。振り回す側だった本人が、振り回される側に回った時にどうあろうとするのか。今この現代に強いメッセージ性をもたらしてくれるんじゃないかと思いました。そしてその中で奈々美には、沢山のものの中で振り回されながらも、絶対に曲げない力を感じます。脚本を読んでいて私は、どんどん変わっていく奈々美に勇気づけられました。私の演じる奈々美も、少しでも誰かの希望の星になれるように演じようと思いました。

視聴者へのメッセージ

中山七里先生の優しくも力強く切り込んでいくこの熱い作品、登場人物が皆何かを信じて走り続けている姿に、私は心を打たれた一人です。SNSや報道のあり方が考えられているこの現代に斬り込んでいく作品だと思うので、ご覧になった方が一人でも何か感じるものがあったら嬉しいです。夜がどれほど暗くても。その暗闇の先までをご覧いただきたいです。

■放送情報
『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』
WOWOWプライムにて、11月22日(日)放送スタート(予定)毎週日曜22:00〜放送(全4話)
※第1話無料放送
出演:上川隆也、加藤シゲアキ、岡田結実ほか
原作:中山七里『夜がどれほど暗くても』(角川春樹事務所刊)
脚本:大石哲也
監督:橋本一、谷口正晃
音楽:池田善哉
チーフプロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:徳田雄久、黒沢淳、野田健太
製作:WOWOW、テレパック
(c)WOWOW
番組サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/yoruga/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる