武田玲奈、『美食探偵』でプライムタイムに本格進出!? “深夜ドラマのヒロイン”の存在感に期待

武田玲奈、『美食探偵』でプライムタイムに本格進出!? “深夜ドラマのヒロイン”の存在感に期待

 中村倫也主演の日本テレビ系日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』の本編がいよいよ再開。6月14日放送の第7話で、これまで謎とされてきた4人目のマリア・ファミリーとして武田玲奈が出演する。演技派キャストが揃う『美食探偵』の中で、初の金髪姿で挑む武田はどのような輝きを見せるのか。

 ファッションモデル、そして女優として活躍をする武田玲奈。昨年、17歳の時に“史上最大級の逸材”として『週刊ヤングジャンプ』で初表紙デビュー、現在は女優業を軸に活動をしている武田。最近は、ボートレースのCMで、生意気な新人ボートレーサーのレナ役として見かける人も多いだろう。武田は、2013年に「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞し、『Popteen』や『non-no』の専属モデル活動と同時に、数多くのドラマや映画に出演。中でも、飯豊まりえとW主演となった『マジで航海してます。』(MBS/TBS)や『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系)といった話題作など、2017年から2019年にかけて深夜ドラマに立て続けに出演し、“深夜ドラマのヒロイン”と言っても過言ではない活躍ぶりを見せている。

 黒髪ショートの髪型と一瞬で惹き込まれる猫目が特徴的で、クールでミステリアスな雰囲気もあるのが彼女の魅力。実際、グラビアやインタビューを見ていても、私生活や素顔が不思議と見えてこない。それはアニメや恋愛趣味シミュレーションゲームに出てくるキャラクターのような存在感とも言えるかも知れない。

 武田が、産休補助の新人中学教師役を演じた映画『おいしい給食』のメイキング映像で、主演の市原隼人は「本当に真面目な方。お芝居をしてても、目の奥をきちんと見てくださったりとか、謙虚な面もあって、前に出過ぎず、自分が務める芝居をしっかり務めようという姿に感化されました」と語っていた。「目の奥をきちんと見る演技」。これが彼女の存在感に惹き込まれる理由ではないだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ