ディアオ・イーナン監督最新作『鵞鳥湖の夜』予告編公開 村上淳と中村優子がナレーション担当

ディアオ・イーナン監督最新作『鵞鳥湖の夜』予告編公開 村上淳と中村優子がナレーション担当

 5月29日公開の映画『鵞鳥湖の夜』より、予告編と新場面写真が公開された。

 本作は、『薄氷の殺人』で第64回ベルリン国際映画祭金熊賞と銀熊賞(男優賞)をW受賞したディアオ・イーナンの5年ぶりとなる新作。先日発表された、世界中のアジア映画プロモーション最大の協会であるNETPACが発表した、アジア映画批評家協会賞(Asian Film Critics Association Awards)では、ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』や、ワン・シャオシュアイ 『在りし日の歌』らを抑えて、最優秀監督賞を受賞した。

 2012年、中国南部。再開発から取り残された鵞鳥湖の周辺地域は、ギャングたちの縄張り争いが激化していた。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウは、対立する猫目・猫耳兄弟たちとの揉め事に巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。たちまち全国に指名手配され、警察の包囲網に追いつめられたチョウは、自らに懸けられた報奨金30万元を妻と幼い息子に残そうと画策する。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきたアイアイという見知らぬ女。寂れたリゾート地の鵞鳥湖で水浴嬢、すなわち水辺の娼婦として生きているアイアイと行動を共にするチョウだったが、警察や報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りのできない袋小路に迷い込んでいくのだった。

 主人公チョウを演じるのは、歴史大作『1911』でジャッキー・チェンと共演したフー・ゴー。そして『薄氷の殺人』で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たし、『戦神ゴッド・オブ・ウォー』のレジーナ・ワンも出演する。

映画『鵞鳥湖の夜』予告編

 公開された予告編では、警官殺しの逃亡犯と、彼が逃げ込んだ鵞鳥湖にいる謎の女、それぞれの視点で、妖しくも魅惑的なムード渦巻く鵞鳥湖で“闇夜に彷徨う”2人が描かれている。
また、ナレーションを俳優の村上淳と中村優子が担当している。

(左から)村上淳、中村優子
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『鵞鳥湖の夜』
5月29日(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国公開
監督・脚本:ディアオ・イーナン
撮影:トン・ジンソン
照明:ウォン・チーミン
美術:リュウ・チアン
出演:フー・ゴー、グイ・ルンメイ、リャオ・ファン、レジーナ・ワン
配給:ブロードメディア・スタジオ
2019年/中国・フランス合作/111分/ビスタサイズ/英題:The Wild Goose Lake(原題:南方車站的聚会)/PG-12
(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,
公式サイト:https://wildgoose-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる