窪田正孝の主役っぷりを堪能 『初恋』で見せた“0”から“100”への起爆力

窪田正孝の主役っぷりを堪能 『初恋』で見せた“0”から“100”への起爆力

 演じる役が多岐にわたる窪田だが、これまでにも多くの作品で、感情の爆発する瞬間を見せてきた。『僕たちがやりました』(2017/フジテレビ系・関西テレビ)のトビオ役、『犬猿』(2018)の金山和成、そして『東京喰種トーキョーグール 【S】』(2019)のカネキなどは、それが近年もっとも顕著であったように思う。そして、今作『初恋』のレオとも重なる。いずれもどちらかといえば目立たない人物ながら、極限状態にまで追い込まれたときに、ある種の“チカラ”を発揮するのだ。それは作劇上のことでもあるが、“0”から“100”へとテンションを振り切れさせる窪田の演技にこそ、俳優としての力を感じる。

 そして『初恋』での窪田の俳優としての力の大きさを感じられる点として、やはり彼は主役の器を持った人なのだ、ということを述べておきたい。本作は、一人の孤独なボクサーの物語としてはじまりながらも、他のアクの強いキャラクターたちの乱入、いくつものストーリーラインの交錯により、彼の存在は薄れていくように感じる。キャラ設定上、彼がもっとも平凡な存在だからだ。ところが、先述した“医者の誤診”を知ったことで、死ぬのが怖くなり、たちまち“小物キャラ”に変化。この時点でかえって存在感は増してくるのだが、さらに、無感情だったはずがそれを起爆させることによって、また一気に主人公の座に躍り出る。これらはすべてプロット上で決まっていることではあるはずだが、一度主人公の座を手放し、また手にする様は、多くの人々が入り乱れる群像劇である本作において、主役を張ることができる俳優として「さすが」の一言だ。俄然、来季の朝ドラ『エール』(NHK総合)への期待も高まる。

『ファンシー』(c)2019「ファンシー」製作委員会

 三池映画“初”のラブストーリーにして、並み居る俳優陣を主演として率いた本作は、冒頭で述べたように窪田正孝の新たな代表作と言えるだろう。ちなみに、公開中の『ファンシー』でも窪田は小西桜子と共演しているので、彼女に対する彼の演技アプローチの違いをあわせて楽しむのもありだろう。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

■公開情報
『初恋』
全国公開中
監督:三池崇史
出演:窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大、藤岡麻美、顏正國、段鈞豪、矢島舞美、出合正幸、村上淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省・内野聖陽
脚本:中村雅
音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:紀伊宗之
プロデューサー:ジェレミー・トーマス、坂美佐子、前田茂司、伊藤秀裕、小杉宝
配給:東映
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎
製作:「初恋」製作委員会
PG12
(c)2020「初恋」製作委員会
公式サイト:hatsukoi-movie.jp
公式Twitter:@hatsukoi2020
公式Instagram:@hatsukoi2020

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる