松風理咲×竹内愛紗×長見玲亜が企画・プロデュース・主演 『トリプルミッション!!!』予告編公開

 松風理咲、竹内愛紗、長見玲亜が出演するオリジナルドラマ『トリプルミッション!!! 女優たちの夢、ドラマにしました』のメインビジュアルと予告編が公開された。

 本作は、数々の人気女優を輩出してきた芸能事務所・スウィートパワーの次世代を担う若手女優である松風、竹内、長見の3名がそれぞれ企画・プロデュース・主演を務めるドラマプロジェクト。彼女たちが、「今もっとも出演したい作品」「演じたい役柄」について考え、自ら企画・制作に携わり、それぞれの女優としての夢を叶えていく、新たな試みのオリジナルドラマとなる。

 本作は、海の見えるひとつの町で起こる3つの物語で構成。3女優たちが考えたそれぞれのドラマが、ジャンルの枠を超えて少しずつ交差していく。また、ドラマパートだけでなく、企画プロデューサーとして彼女たちが企画会議、シナリオハンティング、脚本会議など、ドラマ制作のあらゆる工程に取り組み葛藤、成長していく様子もドキュメンタリーとして収録されており、こちらもコンテンツ化され配信される予定だ。本編は、3月20日23時より、ひかりTV、dTVチャンネルにて配信される。

 竹内が企画・プロデュース・主演を務めるのは『ムショラジ』。シンガーソングライターのひかりのもとに、10年間連絡を取っていない母親が結婚詐欺で刑務所に収監されたとの知らせが入る。ラジオディレクターの颯人とともに面会に行くが、反省の様子も感じない天真爛漫な姿にひかりの怒りは募るばかり。心も体も離れてしまったそれでも母親との間にあるわだかまりは解消するのか。そんな時、刑務所だけで流れるラジオ“ムショラジ”の存在を知る。

 松風が企画・プロデュース・主演を務める『BADLUCK』は、駅前のドリームくじ売り場で働く、漫才が大好きな少女・千明が主人公。屈託のない笑顔で接客する千明には、当たりくじを引いた客からの復讐依頼を、当選金と引き換えに代行するという裏の顔があった。そんな彼女を目撃してしまった一人の青年を無理やり引き連れ、千明は今日もある目的のために復讐を続けている。

 長見が企画・プロデュース・主演を務めるのは『8:2』。蟻の世界には、働く蟻と働かない蟻の割合である「8:2の法則」というものがあり、その法則により蟻界の均衡は保たれている。蟻の巣が大好きな黒塚アリスは知っている、この世の中も「8割の善と、2割の必要悪」で形成されていることを。そんな黒塚アリスが町にやってきた。数奇な運命に翻弄されていく町の人々と、彼女を追う一人の謎の青年。彼女の目的とは、そして彼らの運命やいかに。

『トリプルミッション!!!女優たちの夢、ドラマにしました』予告編

  公開された予告編では、松風、竹内、長見の3人が、会議室に呼び出され企画を考える様子や、撮影に向けて準備を重ねていく姿などが映し出されている。

 また、本作の主題歌が寺田もかの「ここにいる」に決定した。

 情報発表にともない、松風、竹内、長見、寺田より、下記のコメントが寄せられた。

竹内愛紗(『ムショラジ』企画・プロデュース・主演)コメント

物語の中で、私には課題がありました。劇中の歌の作詞をすることと、実際に歌を歌うこと。さてこの課題、クリアなるのでしょうか?! ぜひご覧ください!

松風理咲(『BADLUCK』企画・プロデュース・主演)コメント

今回の撮影で、表情や声色の微妙な変化で表現することの難しさを感じました。漫才にも挑戦しているのでそちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。

長見玲亜(『8:2』企画・プロデュース・主演)コメント

悪女にも色々な種類があると思うので、たくさんの打ち合わせを重ねて、『悪意なく周りを不幸にする悪女』を演じました! 楽しみにしていてください。

寺田もか(主題歌:「ここにいる」)コメント

主題歌「ここにいる」は新しい道へ進む人へ書いた歌です。聴いて下さる方の背中をそっと押すことができるようにと気持ちを込めて歌いました。そして3人の女優さんそれぞれの世界観がとても素敵で、皆様にも味わって頂けたらと思います!

■配信情報
『トリプルミッション!!! 女優たちの夢、ドラマにしました』
3月20日(金)23:00より、ひかりTV、dTVチャンネルにて配信開始
企画・プロデュース・主演:長見玲亜、松風理咲、竹内愛紗
出演:赤楚衛二、中島広稀、川瀬陽太、佐津川愛美、尾上寛之、泉はる、NANA、修士(2丁拳銃)、 ミスターちん、永嶋柊吾、鳥居みゆき、諏訪太朗、YOU
監督・脚本:宮脇亮、鈴木裕那/谷口仁則・久馬歩/中田博之・瀬戸みねこ・井上季子
ドキュメンタリー:シャンソン
音楽:松本淳一
主題歌:寺田もか「ここにいる」(SHOCHIKU RECORDS)
(c)2020 松竹株式会社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ