『最高の花婿 アンコール』予告編&ポスター 孫たち家族をフランスに引き留める大作戦を開始

 日本でもヒットした『最高の花婿』の続編『最高の花婿 アンコール』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、人種や文化の違いから巻き起こる騒動を、多国籍ファミリーをモチーフに笑いと涙を織り交ぜて描くシリーズ最新作。カトリックで保守的なヴェルヌイユ夫妻の4人の娘たちが、アラブ人、ユダヤ人、中国人、そしてコートジボワール人とそれぞれ結婚したことから巻き起こる騒動を描く。

 前作に引き続きクリスチャン・グラヴィエとシャンタル・ロビーがヴェルヌイユ夫妻を演じ、『シティーハンターTHE MOVIE 史上最香のミッション』でヒロインを務めたエロディー・フォンタン、『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のフレデリック・チョウらが4人の娘と婿を演じる。

 公開されたポスタービジュアルでは、ロワール地方の豪華な古城を背景に、笑顔の4人の娘たちカップルと、不安げな様子のヴェルヌイユ夫妻、そしてパスカル・ンゾンジとサリマタ・カマテ演じるシャルルの両親の険しい表情が切り取られている。

映画『最高の花婿 アンコール』予告編

 予告編では、なんとかまとまりを見せていたヴェルヌイユ家の異文化家族が、4人の娘たちのカップル全員が海外移住を計画していることが明らかになり、新たな騒動が巻き起こる様子が描かれている。「アラブ系は、コートを着ていると爆弾犯と思われる」「中国系は襲われるターゲットとされやすい」など、それぞれにフランスでの居場所について、悩みを抱えていた婿たちだが、孫たちと離れ離れになることに耐えられないヴェルヌイユ夫妻は、家族離散を阻止するためのフランス引き留め大作戦を開始。世界遺産であるロワールの古城ツアーや、洞窟ワイナリー巡りの一方で、孫たちに「帰りたいというんだよ」とこっそりと吹き込み、ハイタッチする様子などが描かれる。

■公開情報
『最高の花婿 アンコール』
3月27日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
監督:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン
出演:クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビー、メディ・サドゥアン、アリ・アビタン、フレデリック・チョウ、ヌーム・ディアワラ、フレデリック・ベル、ジュリア・ピアトン、エミリー・カーン、エロディー・フォンタン、パスカル・ンゾンジ、サリマタ・カマテ、タチアナ・ロホ、クローディア・タグボ
配給:セテラ・インターナショナル
原題:Quest-ce qu’on a encore fait au bon Dieu?/98分/2018年/フランス/フランス語/日本語字幕:横井和子

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ