『Heaven?』原作の世界観そのままに伝える“自由”の意味 ゲストには野間口徹も

『Heaven?』原作の世界観そのままに伝える“自由”の意味 ゲストには野間口徹も

 開店から1ヶ月が経ってもまったく客足の伸びない「ロワン・ディシー」に、新たなアクシデントが訪れる。それはフレンチレストランにとって要ともいえる存在のシェフ・小澤(段田安則)の性格が災いした、ある大きな問題。わりと一大事のようなアクシデントでさえも、原作の世界観そのままのコミカルな雰囲気で描き出すTBS系列火曜ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』。16日に放送された第2話では、個性的なキャラクターのひとりにフォーカスを当てることで、その内面と過去を深掘りしていくエピソードとなった。

 三ツ星レストランで働いた経験がありながらも、どういうわけか勤めたレストランが次から次へと潰れていくという物騒なジンクスを持つ小澤。その不安を常に抱えながら、閑古鳥が鳴く「ロワン・ディシー」の厨房に立ち続けるものの、まったく客が来ないせいもあって料理に制約が生まれ、どんどんやる気が失われていく。そしてそれに比例するように、作る料理の味気さえも失われてしまう小澤は、そのせいで客が来ないのだと思い込み、さらに落ち込むという堂々巡りに陥ってしまうのだ。

 味にパンチがないと不満げな仮名子(石原さとみ)をはじめ、伊賀(福士蒼汰)ら「ロワン・ディシー」の面々は何とかして小澤が“味”を取り戻せるように、店が繁盛するための策略を練る。そこで編み出したのは、ミッドナイトランチ。売上につながるランチ営業をしたい店長の堤(勝村政信)と、それを頑なに拒み深夜営業を押し出そうとする仮名子の案の折衷案として伊賀が提案したこの秘策は、言うなれば“夜食”といったところか。ハーフポーションで提供される美味しい料理を楽しみながらお酒も飲める。まさにこのレストランにぴったりの策であるといえよう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる