映画館のネット購入システムに求められるものとは? 新時代の映画館に向けて

映画館のネット購入システムに求められるものとは? 新時代の映画館に向けて

「早い者勝ち」システムから「抽選制」に?

 しかしシネマシティではこの処理速度の向上と、予約操作の簡略化によって、あまりにも短時間で決着がつくようになったため、操作に手慣れた方がかなり有利になってしまう、という次なる問題も起きています。公平性に欠けてしまったのです。

 これは新規のお客様にとっての障害になってしまいますので、いずれ解決しなければならない課題のひとつです。

 映画館のネット購入のシステムはまずは「導入」という段階を終え、今は「改善」というフェーズの途中にあると思います。

 やがて多くの劇場で窓口販売数より、ネット販売数が上回っていくことでしょう。そうしたら、今はほぼすべての映画館が「早い者勝ち」システムですが、いずれどこかが大手チケット販売代行のように「抽選制」を導入するかも知れません。これはアクセス分散だけでなく公平性の確保のためにも取り組むべき課題だと考えます。

 ただし毎日のことになるので抽選期間はどうするのかなど、考えるべきことは多いと思います。手間も増えるでしょうし。

 なので先述の通り、1万8千回/年上映のうちの何回それを必要とするかを踏まえると、必要な際にアウトソーシングした方が良いかも知れませんね。

 じゃあシネマシティはどうなんだ、と問われたなら「新時代を切り拓く用意ならある」と答えておきます。

 忘れもしない、2017年12月25日の朝、シャワーを浴びている時にクリスマスなんか関係なく働く僕に映画の神様がプレゼントしてくれた、これまでにまだ存在していない、まったく新しいネット予約システムのアイデア。先述の課題も解決できます。

 それ早くやれよ、と言われそうですが、こんなふうに未来を語っておきながら、シネマシティのサイト、まだ完全にスマホ対応していないというトンデモ時代遅れでして……まずはそこからです。足下を大事にしないと。

 映画館業界は今、どんどん変わりつつあります。少し前には、いつかなくなるだろう施設なんて言われてましたが、その可能性は低くなってきたように思えます。映画館は死なない。

 その変化のスピードに、いろいろ追いついてない点も多いですが、シネマシティがそうだったように、嵐にさらされればきっと改善されていきます(笑)。

 You ain’t heard nothin’ yet ! (お楽しみはこれからだ)

(文=遠山武志)

■立川シネマシティ
映画館らしくない遊び心のある空間を目指し、最高のクリエイターが集結し完成させた映画館。音響・音質にこだわっており、「極上音響上映」「極上爆音上映」は多くの映画ファンの支持を得ている。

『シネマ・ワン』
住所:東京都立川市曙町2ー8ー5
JR立川駅より徒歩5分、多摩モノレール立川北駅より徒歩3分
『シネマ・ツー』
住所:東京都立川市曙町2ー42ー26
JR立川駅より徒歩6分、多摩モノレール立川北駅より徒歩2分
公式サイト:http://cinemacity.co.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる