「僕と不倫しましょうよ」 『偽装不倫』第1話では宮沢氷魚のパワーワードが炸裂

「僕と不倫しましょうよ」 『偽装不倫』第1話では宮沢氷魚のパワーワードが炸裂

 本作はそんな宮沢の積極的なアプローチや、キスシーン、さらに杏の可愛らしい表情など恋愛ドラマとしての見応えは抜群だ。さらに杏の芝居では、コメディタッチでありながら愛らしさを忘れない絶妙なさじ加減が作品のカラーを引き立たせる。「不倫」という特殊な環境を逆手に取った設定ながら、鐘子と丈の進展を丁寧に描き、面白さときゅんとするシーンをうまく描き分けている。また、鐘子の抱えるネガティブな感情は、恋愛をしている人なら誰もが感じる不安ばかり。相手が気になるあまり、本気さや誠実さに対して過剰に気にしてしまう部分は、女性にとって共感できる部分だろう。こうした“共感力”は東村アキコの真骨頂であり、本作でも十分に発揮されていた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 旅の終わりと共に二人の関係も終わりと思いきや、鐘子が忘れた指輪のおかげで二人は再会することが予告で明らかになっている。次回からは姉の葉子(仲間由紀恵)も大きな秘密を抱えていることが発覚するため、第2話ではさらに急展開になる予感がする。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■番組情報
『偽装不倫』
日本テレビ系にて毎週(水)22時〜放送
原作:東村アキコ
脚本:衛藤凛 
演出:鈴木勇馬、南雲聖一 
出演:杏、宮沢氷魚、瀬戸利樹、MEGUMI、谷原章介、仲間由紀恵ほか
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ