>  >  > 編集部の週末オススメ映画(6月21日~)

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ザ・ファブル』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、リアルサウンド映画部最弱の島田が『ザ・ファブル』をプッシュします。

ザ・ファブル

 『週刊ヤングマガジン』にて連載中で、単行本累計発行部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞一般部門を受賞した南勝久の人気コミックを実写化した、岡田准一主演映画『ザ・ファブル』。漫画実写化作品というのは、その成否が分かれることが多々ありますが、この『ザ・ファブル』は、原作未読の方も原作ファンの方もきっと楽しんでもらえるであろう一作。

 序盤オープニングのアクションシーンから引き込まれること間違いなしで、僕はクエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』を思い出したりしました。もちろん、オープニングだけでなくアクションシーンは盛りだくさん。ファイトコレオグラファー(殺陣の「振付師」のようなものです)を、『ボーン・アイデンティティー』や『96時間』シリーズ、『LUCY/ルーシー』にも携わってきたアクション監督のアラン・フィグラルズが担当。監督を、カンヌ国際広告祭で三年連続受賞を果たすなどCM演出でも知られる、江口カン監督が務めたことで、さらにそのスタイリッシュさやセンスが発揮されており、観ていて“美しい”アクションに仕上がっています(岡田准一主演『ザ・ファブル』にも抜擢 江口カンが語る、映画初監督作『ガチ星』を経て感じたこと)。

 スタッフ陣の起用もさることながら、キャストも皆ハマり役。アクションもコメディもできる岡田准一はもちろん、狂気の演技を見せる柳楽優弥、福士蒼汰、向井理に、コメディパートでは無類の強さを発揮する佐藤二朗など、どの配置も見事にエンターテインメント映画としての魅力を底上げします。

      

「「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ザ・ファブル』」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版