>  >  > 『スウィング・キッズ』来年1月公開

『サニー 永遠の仲間たち』監督最新作『スウィング・キッズ』来年1月公開決定 主演はEXOのD.O.

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EXOのD.O.が主演を務める韓国映画『スウィング・キッズ』が2020年1月に公開されることが決定し、あわせて特報映像とティザービジュアルも公開された。

 本作は、戦時中に結成されたタップダンスチームというユニークな題材をもとに、人種や思想、イデオロギーを超え、ダンスで1つになっていく人々のストーリーを感動的に描いた青春映画。アジア各国で絶大な人気を誇るK-POPグループ・EXOのメインボーカルを務め、韓国で大ヒットを記録した『神と共に』二部作をはじめ俳優としても活躍するD.O.が、身体能力を遺憾なく発揮し、タップダンスから北朝鮮の方言まで、約5カ月間に及ぶ猛特訓をこなし、ダンスに魅了された朝鮮人民軍ロ・ギス役を演じる。

 さらに、ブロードウェイ・ミュージカルの最優秀ダンサーに贈られるアステア賞を受賞したトップタップダンサーであり俳優のジャレッド・グライムスが、捕虜で構成されたタップダンスチームのリーダーとなる米軍下士官のジャクソン役を務めた。

 『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル監督の7年ぶり待望の新作となる本作は、韓国映画で初めてビートルズの原曲を使用すると大きな話題を集めた「フリー・アズ・ア・バード」、デヴィッド・ボウイの「モダン・ラブ」、スウィング・ジャズのスタンダードナンバーであるベニー・グッドマンの「シング・シング・シング」などの名曲とタップダンスによるパフォーマンスが話題を呼び、公開わずか9日で韓国動員100万人を突破した。

 あわせて公開されたティザービジュアルは、タップシューズが印象的なビジュアルとなっている。

『スウィング・キッズ』特報

 特報映像では、D.O.演じるロ・ギスがグライムス演じるジャクソンにタップダンスを通じて勝負を持ちかけるシーンや、「シング・シング・シング」に乗せて軽快にタップダンスを踊る様子が描かれている。

 また、5月17日より第1弾特典付き特別鑑賞券の発売も決定。購入特典として、A4クリアファイル(数量限定につきなくなり次第終了)が付いてくる。

■公開情報
『スウィング・キッズ』
2020年1月、シネマート新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:カン・ヒョンチョル
製作総指揮:キム・ウテク
撮影:キム・ジヨン
編集:ナム・ナヨン
音楽:キム・ジュンソク
配給:クロックワークス
2018年/韓国/133分/5.1ch/日本語字幕:根本理恵/英題:Swing Kids
(c)2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/swingkids/

「『サニー 永遠の仲間たち』監督最新作『スウィング・キッズ』来年1月公開決定 主演はEXOのD.O.」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版