>  >  > 『なつぞら』泰樹がなつにあまりに厳しい一言

『なつぞら』草刈正雄演じる泰樹のあまりに厳しい一言 “自分勝手”ななつは家族とどう向き合う?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前の顔はもう二度と見たくない」

 泰樹(草刈正雄)がなつ(広瀬すず)に放った言葉はあまりにも厳しいものだった。ただ、彼の性分を考えれば、あるいはこれが泰樹としての精一杯の表現だったのかもしれない。

 「なつが本当に望むことなら誰も反対はしない。じいちゃんだって本当はそうなんだ」とは後に剛男(藤木直人)が言ったことであるが、きっとその通りであろう。なつには自分の人生をしっかりと謳歌してほしい、泰樹なら心の奥底ではそう思っているはずなのだ。なつとしては、農業高校まで通わせてもらったとして、今すぐに柴田家を出るというわけにはいかないという様子だった。しかし、泰樹からしてみればそんな“気づかい”は、むしろ彼にとって、何とも言えない苛立ちを生む原因になっていたのだろう。

 その後なつは「申し訳なくていられない」という理由で、柴田家を出ていこうと荷物をまとめようとするのだった。ところが、そんな「申し訳ない」という思いを抱えているなつに、富士子(松嶋菜々子)はビンタをする。

「申し訳ないなんて言われるくらいなら憎まれたほうが、よっぽどましだわ。一人で苦しみたいなら、家族はいらないっしょ」

      

「『なつぞら』草刈正雄演じる泰樹のあまりに厳しい一言 “自分勝手”ななつは家族とどう向き合う?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版