King&Prince 永瀬廉と清原翔が初対面から険悪な雰囲気 『うちの執事が言うことには』特報映像

 2019年5月17日公開の映画『うちの執事が言うことには』の特報映像が公開された。

 本作は、2014年3月に角川文庫にて刊行され、瞬く間に9巻までシリーズ化された同名ミステリー小説を実写映画化したもの。小説のシリーズ化だけに留まらず、2015年11月からはコミックス(あすかコミックスDX1~8巻)にもなり、2017年3月から新シリーズ『うちの執事に願ったならば』も刊行され、シリーズ累計発行部数75万部を超える人気作品だ。

 主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎役には、今年5月に「シンデレラガール」でデビューを果たし、年末のNHK紅白歌合戦への初出場も決定したKing & Princeの永瀬廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという個性溢れるキャラクターを演じ、映画初主演に挑む。

 永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬を演じるのは清原翔。雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍しながらも、2016年より俳優活動を開始。来年にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演も決定している。若き当主と、仏頂面の執事、気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。

 さらには、本作の物語の鍵を握るミステリアスなキャラクター、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥役で永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太をはじめ、奥田瑛二、吹越満、原日出子、優希美青、神尾楓珠、村上淳らが脇を固める。

 監督は、廣木隆一や李相日などの監督作品に助監督として参加し、映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』やNetflixオリジナルドラマ『火花』でメガホンを取った久万真路。脚本は、『グラスホッパー』『追憶』の青島武が務めた。

『うちの執事が言うことには』特報

 公開された映像は、主人公・花穎と、仏頂面の新米執事・衣更月の出会いから始まる。さらには、芽雛川家次男のバースデーパーティーに招待され、ある事件に巻き込まれる花穎の姿も。神宮寺演じる現役大学生ながら起業家・赤目刻弥も登場し、最後は「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がするー」と、これから烏丸家に降りかかる危機を暗示させる言葉で締められる。

■公開情報
『うちの執事が言うことには』
2019年5月17日(金)全国ロードショー
出演:永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、原日出子、吹越満、奥田瑛二
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島武
配給:東映
(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
公式サイト:uchinoshitsuji.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる