夫への愛と憎しみに揺れる妻の姿が 『天才作家の妻 -40年目の真実-』本予告

夫への愛と憎しみに揺れる妻の姿が 『天才作家の妻 -40年目の真実-』本予告

 2019年1月26日公開の映画『天才作家の妻 -40年目の真実-』より、本予告が公開された。

 本作は、毎年スウェーデンのストックホルムで華やかに行われるノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめ、男女間の機微をリアルかつ残酷にあぶり出す心理サスペンス。アカデミー賞6度ノミネートの実績を誇るグレン・クローズが世界的な作家を支える完璧な妻ジョーンを、また、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョナサン・プライスがジョーンの夫ジョゼフを、『トゥルー・ロマンス』のクリスチャン・スレーターがジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエルを演じている。

『天才作家の妻 -40年目の真実-』本予告

 この度公開された予告編では、現代文学の巨匠ジョゼフがノーベル賞の受賞の電話を取るところから始まる。幸せの絶頂に思えた天才作家と彼を支えた妻ジョーンには、40年間隠し続けた秘密があった。秘密を追う記者から問い詰められるジョーン。そしてシーンはジョーンが結婚前に作家を目指していた「女流作家は認められない」時代に。影でいることに嫌気がさした彼女は、愛か真実のどちらを選ぶのか……。

 なお、若かりし頃のジョーンを演じたのは、グレン・クローズの実の娘アニー・スターク。グレンは娘との初の本格的共演について、「娘の演技に対しては、とても誇らしく思ったわ。撮影の一週間前にみんなで読み合わせをしたのだけど、(順取りしているので)ジョーンというキャラクターの基礎は娘が作らなければいけなかった。その時に監督や脚本家と一緒に、キャラクターのバックストーリーを含めいろんな話をしたわ。そして娘の撮影のときは、あえて私は立ち会わなかった。母として、そういう選択をしたのよ」とコメントしている。

■公開情報
『天才作家の妻-40年目の真実-』
2019年1月26日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
監督:ビョルン・ルンゲ
出演:グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター 
2017年/スウェーデン、アメリカ、イギリス合作/英語/101分/シネスコ/カラー/日本語字幕:牧野琴子/原題:The Wife
後援:スウェーデン大使館
配給:松竹
(c)META FILM LONDON LIMITED 2017
公式サイト:ten-tsuma.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる