>  >  > 『ともしび』予告編

夏木マリがナレーションを担当 シャーロット・ランブリング主演『ともしび』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月公開の映画『ともしび』より、予告編が公開された。

 ベルギーのある小さな都市。アナとその夫は、慎ましやかに過ごしていたが、夫が犯したある罪により、その生活はわずかに歯車が狂い始める。やがてそれは見て見ぬふりができないほどに、大きな狂いを生じていく。人生の終盤、さまざまな業を背負った1人の女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマが、ミステリー小説のごとく描かれている本作。

 主演を務めたシャーロット・ランプリングは、ヴェネチア国際映画祭でもその演技が絶賛を浴び、主演女優賞を受賞している。

『ともしび』予告編

 公開された予告編は、「私はまた戻ってしまった。あなたのお人形に」アナが独り言のように呟くセリフから始まる。夫が突然収監され、少しずつ歯車が狂い始める。孫の誕生日が近づいて、ケーキを焼いて息子の家を尋ねるも激しい拒絶にあい、駅のトイレで号泣するアナの姿が。ラストは「人生の終盤、積み上げたものを失った一人の女の、“生きなおし”の物語」と夏木マリのナレーションで締めくくられる。

■公開情報
『ともしび』
2019年1月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:アンドレア・パラオロ
脚本:アンドレア・パラオロ、オーランド・ティラド
製作:アンドレア・ストゥコビッツ、ジョン・エンゲル、クレマン・デュヴァイン
音楽:ミケリーノ・ビシェリャ
撮影:チェイス・アーヴィン
出演:シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルムほか
配給:彩プロ
2017年/フランス=イタリア=ベルギー/フランス語・英語/カラー/4Kスコープ/5.1ch/93分/原題:Hannah
(c)Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

「夏木マリがナレーションを担当 シャーロット・ランブリング主演『ともしび』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版