>  >  > 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』予告編

世の中をより良くしようとしたはずが…… カンヌ最高賞受賞『ザ・スクエア 思いやりの聖域』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月28日に公開される、第70回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の予告編が公開された。

 『フレンチアルプスで起きたこと』のリューベン・オストルンド監督が手掛けた本作は、有名美術館のキュレーターが発表した展示作品“ザ・スクエア”が、世間に思わぬ反響を呼びとんでもない大騒動へ発展していく様を描いた社会派エンターテインメント。

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』予告編

 公開された予告編は、敏腕キュレーターのクリスティアンが、世の中をより良くすることが狙いの展示作品“ザ・スクエア”を解説する様子から始まる。「この正方形の中では誰もが平等で、助け合うのが決まりです」と洒落たスーツに身を包んで話すクリスティアンは、“デキる男”のオーラを放つが、そんなエリート紳士に予想外の出来事が降りかかる。人助けをした隙にスマートフォンと財布を盗まれ、さらには“ザ・スクエア”の宣伝動画が大きな炎上を巻き起こしてしまうのだった。

 映像の後半では、マンションのドアポストにビラを挿し込んだり、「よくも犯人扱いを!」と少年に怒鳴られたりするクリスティアンの姿が。さらには、パーティ会場で猿のモノマネをする謎のパフォーマーに詰め寄られた男から助けを求められるも、呆然としたまま固まるクリスティアンが映る様子も確認できる。

■公開情報
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
4月28日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:リューベン・オストルンド
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリーほか
配給:トランスフォーマー
後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
2017年/スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク合作/英語、スウェーデン語/151分/DCP/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:THE SQUARE/日本語字幕:石田泰子
(c)2017 Plattform Produktion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS
公式サイト:www.transformer.co.jp/m/thesquare/

「世の中をより良くしようとしたはずが…… カンヌ最高賞受賞『ザ・スクエア 思いやりの聖域』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版