>  >  > 岡田将生、イメージと違う役柄に挑むこと

脚本家・演出家/登米裕一の日常的演技論

岡田将生はなぜ“嫌なヤツ”を演じるのか? 若手演出家が『小さな巨人』の芝居を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香坂の信念と山田の信念は、この先も激しくぶつかるでしょう。そして2人はぶつかりあったまま敵同士として最終局面を迎えるかもしれません。岡田さんの、二面性を感じさせる芝居はどちらの可能性も残しています。そしてその可能性は、岡田さんがこれまでの役柄のイメージとは違うアプローチをしたからこそ、滲み出ているのです。つまり、俳優がイメージと異なる役柄に挑むことは、物語の解釈を広げることにも繋がるのです。香坂と山田が敵同士で終わるのか、それとも味方になって終わるのか、そこもこのドラマの注目するべきところと言えるでしょう。

■登米裕一
脚本家・演出家。映画『くちびるに歌を』CX『おわらないものがたり』NHK『謎解きLIVEシリーズ』などの脚本を担当。大学時代に旗揚げをした劇団『キリンバズウカ』の主宰も務める。個性豊かな登場人物たちによる軽快な会話の応酬を持ち味としており、若手作家の躍進著しい演劇界の中でも、大きな注目を集める。また演技指導家としても評価を得ており、現在多くのワークショップ依頼を受けている。

■放送情報
日曜劇場『小さな巨人』
毎週日曜21:00〜TBS系にて放送
出演:長谷川博己、岡田将生、芳根京子、安田顕、春風亭昇太、香川照之ほか
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

      

「岡田将生はなぜ“嫌なヤツ”を演じるのか? 若手演出家が『小さな巨人』の芝居を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版