中島裕翔、中島健人、山田涼介……ジャニーズの“ラブシーン”はどう描かれてきたか?

 過去のラブシーンに目を向けると、池袋を舞台にカラーギャングの抗争を描いたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でTOKIOの長瀬智也は小雪と濃厚なキスシーンを披露し、暴力団事務所に潜入する警察官が主人公の映画『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』で生田斗真が仲里依紗とベッドシーンに臨んでいる。さらに、ショコラティエ男子の恋愛模様を描いたドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)では、嵐・松本潤が水原希子と入浴シーンまで披露している。現在演技派として評価されているジャニーズは過去に濃厚なラブシーンを経験しているケースが多く、役者として新たなステージ進むためのステップといえるかもしれない。また、10代から活躍するジャニーズたちは、ラブシーンを通して“大人”のイメージを獲得できるのも、重要なポイントだろう。

 アイドルであるジャニーズにとっては、ひとつの挑戦といえるラブシーンだが、だからこそ多くの注目を集めるし、そこで得られるものは少なくないはずだ。今後、彼らはどんなラブシーンで物語に華を添え、我々を刺激してくれるのだろうか。

(文=小島由女)

■公開情報
『黒崎くんの言いなりになんてならない』
公開中
出演:中島健人、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸 優太、
監督:月川 翔
脚本:松田裕子
主題歌:「Make my day」Sexy Zone(PONY CANYON)
原作:マキノ『黒崎くんの言いなりになんてならない』(講談社「別冊フレンド」連載中)
企画製作:日本テレビ放送網 
制作プロダクション:日活 
制作協力:AOI Pro. 
配給:ショウゲート
(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 
(C)マキノ/講談社
公式サイト:kurosakikun-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる