>  >  > 『アンダーウェア』脚本家・安達奈緒子の才気

フジテレビ×Netflix『アンダーウェア』は受け入れられるか? 脚本家・安達奈緒子の作家性から検証

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画配信サービスNetflixでシーズン1(全13話)が配信されている『アンダーウェア』は下着業界を舞台にした職業ドラマだ。現在はフジテレビの「金曜プレミアム」枠でも、全4回の特別編集版が放送されている。こういった試みができるのは、制作著作がフジテレビで配信がNetflixだからだ。このようなネット配信と民放地上波を横断する試みは今後もどんどん増えていくだろう。

 舞台は高級下着メーカー「emotion」。創業25年にして日本のランジェリー業界をけん引するカリスマ的なデザイナー兼社長の南上マユミ(大地真央)が取り仕切るオーダーメイド専門の「emotion」には、少数精鋭だが、クセのある有能な社員が集まっている。そこに地方出身の時田繭子(桐谷美怜)が就職してくる。実家が蚕から絹糸を作る工場をやっていて繊維に対して深い愛情と知識のある繭子は、繊維開発の段階から下着を作る会社だと勘違いして「emotion」に入社したのだが、ファッションに対しては無頓着。地味なスーツで出社した繭子は南上社長に、初日から「ダサい」と批判されてしまう。

 物語は、下着のデザインの美しさにこだわる南条社長と、素材の機能性にしか興味がない繭子とのやりとりを入口にして、下着とは何か? 装うとは何か? 会社にとってお客さんとはどういった存在なのか? といったテーマを丁寧に見せながら、下着のデザインと販売を通して、自分たちの作品を作って、商品として売っていくことの困難とすばらしさを描いている。同時にファッション業界が舞台のために、登場人物の服装はオシャレで華やか。はじめは容姿に無頓着だった眉子の服装がオシャレにかわっていく姿を通して彼女の成長を描いた、哲学的かつエレガントな職業ドラマである。

 脚本を担当する安達奈緒子は、2011年に『大切なことはすべて君が教えてくれた』で連続ドラマデビューを果たした脚本家。その後、IT業界の内幕劇と恋愛ドラマを絡めた『リッチマン、プアウーマン』(以下『リチプア』)で高い評価を受けた。どちらもフジテレビの月9(月曜夜9時枠)で放送されていたドラマだが、『リチプア』が画期的だったのは、恋と仕事を華やかな世界観で描いてきたトレンディドラマが世相の変化によって描けなくなっていた「恋と仕事」の物語を、インターネット普及以降の物語として見事に復活させたことだ。『リチプア』の姿勢は、本作『アンダーウェア』にも引き継がれている。

 安達奈緒子は、2010年代に登場したドラマ脚本家の中で、もっと重要な作家だ。と言っても、よほどのドラマファン以外はピンとこないかもしれない。残念ながら現時点では『リチプア』以外はヒット作に恵まれず、正当な評価を受けているとは言い難い。だが、安達のドラマには、どの作品にも新しい視点と、物語のテーマに対して貪欲かつ容赦なく踏み込んでいく姿勢がある。それこそ、南条社長のようなこだわりが彼女の作品には常に存在する。それは時に怖いくらい真摯で、安達の作品を見ていると、「作り手の都合でテーマをごまかすことが本当に嫌いなのだろう」と、感じる。だから彼女の作品はポップであると同時に、いつも息苦しい緊張感がある。

      

「フジテレビ×Netflix『アンダーウェア』は受け入れられるか? 脚本家・安達奈緒子の作家性から検証」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版