>  >  > 『ブリッジ・オブ・スパイ』プレミアレポ

『ブリッジ・オブ・スパイ』ベルリンプレミア開催 ハンクス「スピルバーグのベストを期待してもらえる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151116-bridge.jpg

 

 スティーヴン・スピルバーグの最新作『ブリッジ・オブ・スパイ』のインターナショナルプレミアが11月13日(現地時間)、物語の舞台となったドイツ・ベルリンにて行われた。

 アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦が一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代を舞台とする『ブリッジ・オブ・スパイ』は、弁護士のジェームズ・ドノバンが、ソ連スパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる模様を描く、実話を基にしたサスペンスドラマ。スピルバーグとは、『プライベート・ライアン』『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』『ターミナル』に続き、11年ぶり4度目のタッグとなるトム・ハンクスが主演を務め、『ファーゴ』『ノーカントリー』のコーエン兄弟が脚本を担当している。

 インターナショナルプレミアが行われた会場は、1919年に開業された映画館で、ドイツ国内2番目の収容能力を誇るウーファ・パラスト・アム・ツオー。スピルバーグとトム・ハンクスのほか、本作に出演しているエイミー・ライアン、セバスチャン・コッホらが出席し、約1500名の観客と世界各地からのマスコミ150名以上が会場を賑わせた。

 去る10月4日にニューヨーク映画祭でプレミア上映された際には、満場のスタンディング・オベーションを受け、アカデミー賞最有力の呼び声も高い本作。スピルバーグは、「アカデミー賞は同業者に認められるという映画界一の栄誉です。授賞式にいるだけで名誉なことです。今は1年のうちで最もエキサイティングな時であり、またナーバスな時です。ただ、私はあまりあてにしない様にはしているがね」と語り、ハンクスも「自身は全くないね。一か八かの賭けのようなものだから、期待することができるものではないんだよ」と、両者とも謙遜気味にコメントした。

 作品についてスピルバーグは、「コーエン兄弟たちが書いた脚本が素晴らしく、すべてが繊細な出来事の積み重ねだったので、セリフがわずか2行しかない役や、最も小さな役でさえも、細心の注意を払わなければならなかった。豪華なアンサンブルキャストが実現した、本当に素晴らしい作品になったと思います」と自信を伺わせた。一方のハンクスは、「本作ではスピルバーグ監督のベストを期待してもらえると思います。彼の作品では、ロボットやエイリアンを扱ったものが最高だと思われているようですが、彼のベストは人間を扱った題材なんです。スピルバーグ監督と一緒に仕事をするのは今作で4作目になるけれど、彼は、その天才的なレベルに我々普通人を招いてくれるコラボレーターであると思います。『君はどう思う? 何か良いアイデアはあるかい?』とよく聞かれます。僕に電話してくれるというだけでも、自分は恵まれていると考えているんです」と、スピルバーグを絶賛した。

■公開情報
『ブリッジ・オブ・スパイ』
2016年1月8日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

「『ブリッジ・オブ・スパイ』ベルリンプレミア開催 ハンクス「スピルバーグのベストを期待してもらえる」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版