髙橋ひかる、グラビアに残した“10代最後の輝き” 青い空と海の間で見せた表情に注目

 女優の髙橋ひかるが、3月3日発売の『週刊少年マガジン』14号の表紙&巻頭グラビアに登場した。同誌には、二度目の登場となる。

今年20歳を迎える

 2014年に開催された「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で応募総数81,031人の中からグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした髙橋ひかる。その後、竹野内豊主演の映画『人生の約束』で女優デビューし、2017年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や2019年放送の古田新太主演のドラマ『俺のスカート、どこ行った?』などに出演し、注目を集めている。

 昨年は、初の写真集『WATERFALL』の発売や、YouTubeチャンネル『たかしの部屋』を開設など、個性を発揮させて活躍の幅を広げた髙橋ひかる。今年の9月に20歳の誕生日を迎える彼女が、10代最後の輝きをグラビアに残す。

「青に舞う」鮮やかなグラビア

 青々と広がる海を背景に、潮風を受けながらも爽やかな笑顔を見せる髙橋ひかる。落ち着いた印象ながら、強い輝きを放っているようで、とても眩い。

 黒髪すらも透き通って見えるほどの透明感。無邪気に笑う表情には幼さが残っているが、ふとした表情にはしっとりとした大人の色気が混じっているように感じる。花のように儚い横顔。2021年、髙橋ひかるはきっと、もっと大きくなっていく。嵐の前の静けさか。青い空間には、そんな静寂が漂っている。