TuneCore Japan、2020年度の利用アーティストへの還元額は71億円に

TuneCore Japan、2020年度利用アーティスト還元額は71億円

 チューンコアジャパン株式会社が運営する音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanは、2020年度のアーティストへの還元額が約71億円(前年比168%)になったことを発表した。

 TuneCore Japanは2012年のサービス開始以来、累積でアーティストへの還元総額が170億円を突破。また、2020年のTuneCore Japanの動向やインディペンデントアーティストの活躍を振り返る特設ページ『MUSIC YEARLY STATS 2020』も公開となった。

 自分で作った楽曲を利用者であれば誰でも55以上の配信ストア・185ヶ国以上へ配信できる、音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanでは、利用者への “収益の100%還元” が大きな特徴の一つ(楽曲の売上から配信ストアの手数料を除く、すべての収益をアーティストに還元)。

 昨年のコロナ過以降、TuneCore Japanでは、『STAY TUNE, BE STRONG』キャンペーンや「#IndependentAF」キャンペーンを展開。様々な機能のアップデートも行い、新たな配信先として「Amazon Music Free」を追加。さらにFacebook、Instagramへの楽曲提供が可能になる「Facebook Music プロダクト」をリリースし、配信楽曲がさらに多くのリスナーと出会うことのできる機会創出を強化している。

 また、要望の多かった歌詞の登録にも対応し、主要な配信ストアへの歌詞の配信も可能に。Video Kicks ビデオ配信サービスにおいても新たな配信先に「Amazon Music Unlimited」、「dミュージック月額コース」を追加し、各配信ストアへのリンク一括機能 LinkCore にも対応開始した。

■TuneCore Japan『MUSIC YEARLY STATS 2020』特設ページ
https://www.tunecore.co.jp/music-yearly-stats/2020

■TuneCore Japan 内 ニュース
https://www.tunecore.co.jp/news/270

■TuneCore Japan
http://www.tunecore.co.jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる