ENHYPEN、SEVENTEENからBTSまで……キャンペーンフィルムから見えたレーベルメイト6組のカラー

 3月18日、Big Hit Labels(3月30日の株主総会承認後、HYBE LABELSに変更予定)所属のアーティストたちが、公式YouTubeチャンネルにて「WHAT DO YOU BELIEVE IN?」のキャンペーンフィルムを公開。ENHYPEN、SEVENTEEN、GFRIEND、NU’EST、TOMORROW X TOGETHER、BTSの6組がそれぞれ「私と私たちが信じること」をテーマに映像を公開した。また公開に先駆けWeverseやSNSにてハッシュタグ「#WhatDoYouBelieveIn」と共に、ファンたちに自分が信じているものを呼びかけ、世界中で盛り上がりを見せている。本稿では、キャンペーンフィルムとともに、各6組のグループのカラーについて紹介していく。

WHAT DO YOU BELIEVE IN?
ENHYPEN『ORDER : DAY ONE (DUSK Ver.)』

 一艘のボートにメンバー全員で乗り、力を合わせて大海原を進む映像からスタートしたのは、2020年にデビューしたばかりのENHYPEN。実はそのボートを漕ぐ様子はVRゲームの世界で、ゴーグルを外した現実世界のメンバーたちが仲良くはしゃぐ中、JAYが「I believe in TEAMWORK」と綴る。サバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生した彼らにとって、“チームワーク”はきっとデビュー前から大切にしてきたことだろう。『I-LAND』の頃からすでにパフォーマンス力の高さは先輩であるBTSやSEVENTEENからもお墨付きで、デビュー後あっという間に世界中の注目を集めることに。日本では3月29日から『オールナイトニッポンX』(ニッポン放送)のパーソナリティに起用され、韓国だけでなく日本でもますます人気になること間違いなしだ。

 HOSHIの猫耳姿からスタートし、きっと多くのCARAT(SEVENTEENファンの総称)が盛り上がったに違いない、SEVENTEENのフィルム。ナレーションをVERNONが務め、「完璧じゃなくても大丈夫。お互いの声に集中し、また目標に向かって躍り出る。行きたい所へ跳ねる高い猫のように」とメッセージを伝えた。SEVENTEENが信じているのは、“Setting Goals(目標設定)”。作詞作曲、振り付けまでをもメンバーがセルフプロデュースしている彼ららしいメッセージだ。日本では4月21日にJAPAN 3rdシングル『ひとりじゃない』をリリース予定。常に目標に向かい努力し、“行きたい所へ跳ねる猫のように”高みを目指し続ける13人の快進撃が今後も楽しみだ。

 近未来風のジムで身体を鍛えている映像を公開したのは、GFRIEND。従来の清純派アイドルではなく、清純の中にもパワーを秘めた「パワー清純」という新境地を作り出した彼女たちを、“可愛い”と“強さ”を兼ね備えたこの映像が象徴しているのではと思う。GFRIENDからのメッセージは、「I believe in MYSELF」。デビュー白紙の危機も迎えたことがある彼女たちらしく、何があっても自分自身を信じてこれからも頑張っていくという意志を感じる。

 NU’ESTは全員スーツ姿で登場し、まるで海外ドラマのようなコメディタッチの映像とともに、「I believe in :)」と、笑顔を表す顔文字を披露。MINHYUNのデスクが「:)」の描かれたポストイットで覆い尽くされ、引き出しを開けると「:)」でデコレーションされたケーキが出てくる。人気ドラマ『The Office』のパロディでは? との声も。Wanna Oneのメンバーとして活動していたMINHYUNが復帰し、2019年に“完全体”として約3年ぶりに韓国で活動を開始したNU’ESTは、4月19日には約7年ぶりにフルアルバム『Romanticize』の発売が決定。今、まさに波に乗っている彼らが信じているものが“笑顔”というのは、素敵なメッセージだ。