Little Glee Monster、芹奈不在で臨んだ全国ツアー日本武道館公演 オンデマンド配信から感じた4人の決心の重み

 1月27日からスタートしたLittle Glee Monsterの全国アリーナツアー『Little Glee Monster Arena Tour 2021 “Dearest”』。このツアー2日目にあたる1月28日の日本武道館公演の模様が、2月13日にオンデマンド配信された。当初予定されていたツアースケジュールのうち、広島公演と仙台公演が中止となってしまったこと、さらに現在の情勢を踏まえてライブ会場に足を運ぶことを断念したファンも少なくないことから、このオンデマンド配信はツアーの雰囲気をいち早く味わうことができる貴重な機会となった。

 筆者はこの収録が行われた1月28日の公演に足を運ぶ予定だったが、当日体調が思わしくなかったため、こういう時期ということもあって会場で観ることを断念したという経緯があった。それもあって、このオンデマンド配信は非常にありがたく感じながら視聴したことを付け加えておく。

 実はこのオンデマンド配信、1月28日公演を完全配信するというものではなく、一部楽曲をカットして、合間にツアー当日に至るまでのリハーサルやメンバー同士の打ち合わせの様子、さらには4人の単独インタビューなどを交えた、ドキュメンタリータッチのライブ作品として1時間40分程度に再構成されたもの。ライブのフル配信を期待した方には若干肩透かしだったかもしれないが、休養中の芹奈のツアー不参加や、不安定な情勢下にツアーを行うかどうかの決断が迫られる中、4人はライブ当日までどんな気持ちで臨んだのか、その覚悟が垣間見えるこの貴重な映像作品は、武道館でライブを体感した人も新たな気持ちで向き合うことができたはずだ。

 ツアーはまだ続くため、セットリストの詳細について言及することは避けるが、このオンデマンド配信だけを観ても最近リリースされたベストアルバム『GRADATI∞N』収録曲を中心に展開。ベストアルバム収録の新曲「Waves」「VIVA」が早くもキラーチューンとして機能していたことや、このツアーならではの企画として、メンバーが2人ずつに分かれてバラードを歌唱するなど、見どころは豊富に用意されており、ブラスセクションを含むおなじみのバンドメンバーとともに、約1年ぶりの単独ライブとは思えないほど安定感の強いパフォーマンスで観る者を楽しませてくれた。観客も声こそ出せないものの、手にしたタオルを頭上で回したり、手拍子をいつも以上に大きくするなどして、ステージに向けて大きな“声援”を送り続ける。それを受け取る4人も、芹奈不在を感じさせないほどパワフルな歌で、会場の空気を掌握していった。

 確かに、芹奈の歌声が聞こえてこないということに寂しさを感じたのも事実だ。しかし、ステージ中央のスクリーンに映し出される過去のライブ映像……そこにいる芹奈の姿を目にすることで、いつも以上に芹奈の存在を感じることができたのもまた事実。こういった演出からも、改めて4人が「芹奈を含む5人」でステージに立っているんだという姿勢で武道館公演に臨んでいることが伝わったのではないだろうか。