『CONNECTED OVER THE DIMENSION コンピレーションCD』インタビュー

春猿火×KMNZが語り合う、バーチャルラッパーとしての野心「Vアーティストへの偏見を音楽で取っ払っていきたい」

 昨年8月に渋谷の展示スペース「3.5D」で開催された『CONNECTED OVER THE DIMENSION』展のコンピレーションアルバム『CONNECTED OVER THE DIMENSION』が発売。同作にはバーチャルシンガーユニットKMNZとバーチャルラップシンガー春猿火によるコラボ曲「3D – Three Dimension」をはじめ、KMNZとORESAMAのコラボ曲「ファジータウン」などバーチャルとリアルを繋ぐスペシャルなコラボ曲や、展示にはなかった新録曲としてKMNZと春猿火がそれぞれの曲をカバーしたものも収録。リアルサウンドでは、KMNZと春猿火の2組による対談を企画。初コラボの感想や展示の振り返り、さらにバーチャルシーンに対する現状と期待を語ってもらった。(榑林史章)

春猿火は格好よすぎて、良い意味で怖かった(LITA)

ーー春猿火さんは、どういうきっかけでKMNZのことを知ったのですか?

春猿火:私はVシンガーとして活動を始める前、KMNZさんの「VR – Virtual Reality」という曲で知りました。LIZちゃんの可愛い声とLITAちゃんの格好いい声が融合したラップが、すごく印象的でしたね。

LIZ:ありがとう〜。春猿火ちゃんのことは、デビューするという情報が出てから注目していました。そもそもVTuber界隈ではヒップホップをやっている人が少ないので嬉しかったんです。それに曲が公開された時もすぐに聴いたんですけど、すごく格好よくて驚きました。

春猿火:すごくうれしいです。

LITA:私はLIZちゃん経由で知ったんですけど、単純に「ラップが上手い人が出てきたぞ!」と思って。春猿火ちゃんのラップはジャンル的にK-POP寄りと言うか、強くてパワフルな感じで私たちのラップとも違うし、こういうスタイルはバーチャルのラップシーンにはいなかったので、一緒に盛り上げてくれたらうれしいなと思いました。

春猿火:お互い刺激し合っている感じです。

ーー春猿火さんはMVで、バイクで走っていたり格好いい系で。

春猿火:格好よく撮っていただきました(笑)。

LIZ:私たちは、ボロボロの壊れかけの車を乗り回したけどね(笑)。

LITA:格好いいラップはKMNZもやるけど、格好いいの質が違いますね。

春猿火:KMNZさんは、オシャレ要素のほうが強いですよね。

LITA:私たちは「キメたるぜ!」みたいな。でも、春猿火ちゃんは「ついてこいや!」っていう感じ。ニュアンスの違い、伝わるかな?

ーーなんとなく伝わります(笑)。そんな違いがある2組でコラボすることになった時はどう思いましたか?

春猿火:私が所属するKAMITSUBAKI STUDIOとFictyさんがコラボする『CONNECTED OVER THE DIMENSION』展をやることが決まった時、KMNZさんとコラボすることを聞いて、うれしくてワクワクしました。同じラップをやっているVシンガーさんと一緒に、どういう形のコラボになるんだろうと楽しみにしていたんです。

LIZ:私たちもほかのVTuberさんやVシンガーさんとコラボしたことがないから、コラボの話を聞いた時は興奮冷めやらぬ状態でした。

LITA:うれしかったのはもちろんですけど、さっきの話の通りジャンルが違うので、お互いがどこまで歩み寄れるのだろうか、と。初チャレンジだからこその不安もあったんですけど、それ以上に楽しみが大きいという感じでしたね。

ーーその『CONNECTED OVER THE DIMENSION』で発表されたコラボ曲「3D – Three Dimension」は、どんなふうにできあがったのですか?

春猿火:トラックは同じKAMITSUBAKI STUDIO所属のクリエイター・Misumiさんにお願いして、リリックはいつも私の曲を作ってくださっているラップアーティストの“たかやん”さんと、KMNZさんの楽曲を手がけているKMNCREWさんで書いていただきました。

LITA:1回、春猿火ちゃん側から仮歌が届いたよね。

LIZ:きたきた。うちらが歌うパートも一部春猿火ちゃんが歌唱していて、それがすごく格好よくて「これを私たちが歌うんか!」って(笑)。

LITA:「もうこれが完成でええやん! うちら入らなくてもええやん!」って思うくらい格好よくて。本当に春猿火ちゃんのソロバージョンも出してほしいと思いました。

春猿火:LIZちゃんLITAちゃんのパートの歌詞も、その時すでに仮であったから、雰囲気を掴もうと思って私が歌って送った箇所があったんですけど、ちょっとオラついていたかもしれないですね(笑)。

LITA:格好よすぎて、良い意味で怖かったよ。

春猿火:でも私が歌唱した部分を2人がラップしたらどうなるのかというところは、すごく楽しみにしていて。本番は私の癖のある声が、2人のラップで浸食されていくのがすごく楽しかったです。

ーー歌詞はどんな印象?

LITA:展示会の大きなテーマとして“繋がる”というものがあって、そこに関連づけられたものになっていて。この歌詞は、うちらが最初からきれいにまとまっている関係性ではないところから始まるんです。曲の中で、最初は「かかってこいや」みたいな感じで春猿火ちゃんと対面して。最初はハッピーエンドを感じさせず、そこからどんどん絆を深め合っていくという流れで、それがすごく新鮮でした。

ーーケンカをして友情を深め合う。少年漫画っぽいような。

LITA:そうですね。どうですか? お二方は。

LIZ:そんな感じだと思います(笑)。

春猿火:私は歌詞を見た時に、KMNZさん節を感じました。KMNZさんは、今までもオリジナル曲もリアルとバーチャルをテーマにしたリリックが印象的ですし、「3D ‒ Three Dimension」にもそういうテイストが溢れていて、そこは今回の曲にも通じているのかなって。

LITA:でも、KMNZにしてはわりとバチバチしていると思わない?

春猿火:そこは、たかやんさんが書くリリックのテイストが加わったからだと思います。リアルとバーチャルをテーマにしているけど、そこにリスナーも巻き込んで鼓舞していく感じというか。KMNZさんのテイストに私のバチバチ感が融合して、すごく新しいものになったと思いました。

ーーいろんな繋がりが歌われていて、メッセージがすごく詰まった歌詞ですよね。バーチャルにまだ興味を示していない人にも訴えかけることができる、入り口として最高の曲じゃないかと。

LIZ:私もそう思います。以下同文です!

LITA:コメントくらい自分で考えろや(笑)。