櫻坂46 渡邉理佐&尾関梨香、まるで姉妹のような関係性 「しくしくおぜちゃん」で盛り上がり生んだ“おぜりさ”コンビ

櫻坂46『Nobody’s fault』(通常盤)

 先日放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)は櫻坂46センス女王決定戦。グループで最もセンスがあるメンバーを決めるべく、芸術・ファッション・観察力といった項目で互いのセンスを競い合った。前回女王の小林由依が期待通りの活躍を見せたり、新規参戦となった2期生の新たな才能が発掘されるなど、それぞれの個性が発揮されるなか、印象的だったのが写真選手権で渡邉理佐がメンバーの尾関梨香を撮った写真を披露していた点だ。「人生で最高の1枚」というお題に対し、多くのメンバーが芸術的な風景や自然の写真を選ぶ一方で、渡邉は「しくしくおぜちゃん」とタイトルし、尾関の泣いている瞬間をキャッチした1枚を提出。これにはスタジオ全体から「可愛い!」の声が上がり、司会陣も「尾関史上最高の写真なんじゃない? こういうメンバーの写真も面白いですよね」と絶賛していた。そこで今回はこの2人に焦点を当ててみたい。

年齢と真逆の姉妹のような関係性

 渡邉と尾関は、かねてよりファンから“おぜりさ”として親しまれている人気コンビだ。これまで各種雑誌等のインタビューでの発言や、度々ブログでツーショット写真が公開されるなど、その相思相愛ぶりが話題となってきた。たとえば、『FRIDAY WHITE 2018年3月16日増刊号』の「欅坂46メンバー名鑑」において、“このメンバーのここが好き”という欄で尾関は渡邉を選び「子供のようにいつも可愛がってくれる」と回答。対して渡邉は、尾関を選び「全部がかわいくて、愛しい♡」と溺愛の様子だ。この年には『欅って、書けない?』のペアロケ争奪戦バトルでも視聴者のアンケートで人気ペアとして選ばれていた。

 さらに2019年には、バレンタインの予定を聞かれた渡邉が「う〜ん……何か久しぶりにつくってみようかなぁ。尾関にあげるために(笑)」と答え、その理由について聞かれると「好きだから」と即答するなど、その思いの強さは時が経っても揺るぎないようだ。(参照

 この2人はどちらも櫻坂46の1期生(加入当時は欅坂46)。尾関梨香が1997年生まれで、渡邉理佐は1998年生まれのため、尾関が年上である。しかし、渡邉の方が身長が10cm以上高いことや、渡邉のお姉さん気質な性格から、むしろ尾関が妹で渡邉が姉のような、年齢とは真逆の姉妹のような関係性が魅力となっている。