アイナ・ジ・エンド、緑黄色社会……個性的な表現をダイレクトに実感 新譜5作をピックアップ

 全曲、自分自身で作詞・作曲を手がけたアイナ・ジ・エンドの1stソロアルバム『THE END』、アルバム『SINGALONG』発売以降、一気に知名度を上げた緑黄色社会のニューシングル『結証』から、SKE48の松井珠理奈・卒業記念シングル『恋落ちフラグ』まで。女性シンガーたちの個性的な表現をダイレクトに実感できる最新作を紹介します!

アイナ・ジ・エンド『THE END』

 〈長所のない私です〉というブルージーな歌からから始まる憂いと美しさに溢れた3拍子のナンバー「金木犀」、ダークな音像とフォーキーなメロディ、尖りまくったギターサウンドと叫ぶような歌声が炸裂する「虹」、しなやかな頭打ちのビートとともに〈生活には稀の革命と 甘い恋が必要〉という言葉を響かせる「NaNa」。収録曲のすべてをアイナ・ジ・エンド本人が作詞・作曲した1stソロアルバム『THE END』は、彼女自身の息づかいと肉体を生々しく刻み込みつつ、鋭利なポップネスを備えたロックミュージックに昇華した楽曲が並ぶ。オルタナ感覚に溢れたバンドサウンド、ハスキーな手触りと刺激的な官能性を併せ持った歌声からは、ロックアーティストとしての高い可能性を十分に感じさせる。彼女の生々しい表現を損なわず、幅広い層にアピールできる作品に導く亀田誠治のプロデュースワークも秀逸だ。

アイナ・ジ・エンド – 金木犀 [Official Music Video]
緑黄色社会『結証』

 昨年9月リリースのアルバム『SINGALONG』のヒット、リード曲「Mela!」の拡散によって本格的なブレイクに突き進む緑黄色社会。3rdシングル『結証』は、このバンドの多様性と優れたポップネスを証明する作品だ。長屋晴子(Vo/Gt)が作詞、小林壱誓(Gt/Cho)が作曲を手がけた表題曲「結証」(日本テレビ系アニメ『半妖の夜叉姫』1月クールエンディングテーマ)は、“目に見えない大切なものを信じ、守っていきたい”という決意をテーマにしたミディアムチューン。凛とした強さ、包み込むような優しさを共存させたボーカル、メンバーの演奏センスを活かしたサウンドから伝わる生々しい感情に胸を打たれる。カップリングには、長屋の作詞、小林の作曲によるフォークロア的な意匠をまとったアッパーチューン「LADYBUG」、長屋が作詞・作曲を手がけた〈あなたの全てに惹かれている〉に象徴される超ピュアなラブソング「Copy」を収録。

緑黄色社会 『結証』Music Video(TVアニメ『半妖の夜叉姫』1月クールEDテーマ / Yashahime: Princess Half-Demon
大塚愛『犬塚 愛 One on One コラボレーション』

 2020年9月からジャンルを超えたプロデューサー、トラックメイカーを迎え、自身のヒット曲・代表曲をリメイクし、デジタルシングルとして発表してきた大塚愛。このプロジェクトを通して生まれた楽曲をまとめたのが本作『犬塚 愛 One on One Collaboration』だ。超キャッチーな歌をそのまま残しながら、オートチューンを使った歌声、煌びやかなトラックが心地よい高揚感を誘う「黒毛和牛上塩タン焼 680 円(maeshima soshi Remix)」、オルタナファンク、ネオソウル系、エレクトロスウィングなどのテイストとともに再構築した「さくらんぼ(Kan Sano Remix)」、レイドバックしたビートを軸にした緻密なリズムアレンジによって、切なく揺れる歌を際立たせた「桃ノ花ビラ(mabanua Remix」、抑制の効いたEDM系トラックと流麗なストリングを組み合わせた「Chime(AmPm Remix)」など10曲を収録。

大塚 愛 ai otsuka / 黒毛和牛上塩タン焼680円 (maeshima soshi Remix)