山下智久、ジャニーズ退所に寄せてーー活動の可能性や選択肢を広げた変遷を辿る

「この24年間、応援し続けてくれたこと、一生忘れません。皆さんから頂いた温かい言葉、たくさんの愛がどれほど僕に勇気と希望を与えてくれたことか、言葉では言い表せないほど感謝しています」

山下智久
山下智久

 11日10日、山下智久が10月31日付でジャニーズ事務所を退所したことが発表された。かねてから海外を拠点に活動したい意向を示していたこと、10月27日に海外作品へのオファーがあったことで決断に踏み切ったという。山下はすでに日本を離れ、海外に渡ったと報じられた。海外でキャリアを積みたいという山下の意向は、このところの活動からも伝わってきた。改めて山下の軌跡をまとめてみたい。

山下智久の軌跡

 千葉県出身、1985年4月9日生まれ。1996年にジャニーズ事務所へ入所。ジャニーズJr.時代から注目を浴び、当時、滝沢秀明と渋谷すばるを筆頭にした“ジャニーズJr.黄金期”から続く、Jr.人気を牽引してきた一人だ。山下、生田斗真、風間俊介、長谷川純で結成されたジャニーズJr.のユニット・FOUR TOPSでも注目を浴びたほか、生田とのシンメも人気で、やまとま、トマピーなどと呼ばれて親しまれてきた。錦戸亮とは、雑誌『Myojo』のJr.特集で、ジーンズを交換したことを明かし、仲良しショットが掲載された。

 2003年9月15日、9人体制の「NEWS」を結成。「NEWSニッポン」でCDデビュー。翌年「希望~Yell~」でメジャーデビューを果たした。NEWS人気を牽引しつつも、明治大学へ進学。すでに人気を博していただけに、大学進学は大きく話題を呼んだ。

 グループ活動に加えて、ソロとしてもテレビドラマや映画への出演が相次ぎ、俳優としても人気を得てきた。グループの中心人物であり、バイプレーヤーとしてドラマに出演してもパッと目を引く、華があるのが山下だ。

 2006年には主演ドラマ『クロサギ』(TBS系)の主題歌に起用された「抱いてセニョリータ」でソロデビュー。数々のドラマ作品に出演してきたが、2008年放送の主演ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は彼の代表作。シリーズ化されたほか、2018年には劇場版公開と広がりをみせ、山下の代表作になった。2011年にNEWSを脱退、以降はソロに転身。東京・代々木第一体育館、横浜アリーナと、ソロアーティストとしては大きな会場で開催してきたように、たくさんのファンに支持されてきた。印象的だったのは、MCタイム。山下が喋らず、振り返っただけで客席から黄色い声援があがった。ファンの熱と、山下との距離感が伝わる一幕だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる