豆柴の大群 ソロインタビュー第5回

豆柴の大群 カエデフェニックスが語る、引っ込み思案な性格からの“ある変化” 「悩んでいた時期にクロちゃんが電話をくれた」

 豆柴の大群(以下、豆柴)のカエデフェニックスは、“いい子”から変わろうとしているメンバーだ。

 「MONSTER IDOL」のオンエアを通して映し出されていたのは、オーディションで一人落とされた状況においても合格したメンバー4人にエールを送る姿。そして、自身を落としたクロちゃんとの2人きりのデートでも常に笑みを絶やさずにいた、心から純粋なカエデの人柄だった。

 その根本のキャラクターは今も一貫しているが、そこからさらに変わりたい、変わろうとしている心情が最近の彼女の姿からは垣間見える。豆柴のYouTubeチャンネルで時折見せるのは、ノースリーブで年下を誘惑し、水着になるのも乗り気なあざといキャラ。さらに、東京ドームにて開催した大運動会で最下位のカエデに執行された罰ゲーム・バンジージャンプの模様が先日YouTubeで公開に。高所恐怖症にも関わらず涙を流しながらバンジーに挑む姿は、まさに自分の殻を破ろうとしている瞬間だった。初ワンマンライブの終わりに、豆粒(ファンの総称)に向けて勇ましく愛を叫ぶ姿もそのイメージに近い。

 リアルサウンドでは5週にわたり、豆柴メンバーのインタビューを掲載。トリを務めるカエデには、変わろうとする一つのきっかけにあったクロちゃんからのアドバイス、10年にわたりオーディションを受け続けてきたアイドル遍歴を聞いた。(渡辺彰浩)※9月中旬に取材

豆柴 カエデとクロちゃん、共通するアイドルの趣味

――カエデさんはもともとアイドルが好きで。

カエデフェニックス(以下、カエデ):エイベックスのレーベル<iDOL Street>のアイドルが大好きで。中学生の時は、ずっと振りをコピーしたり、友達と「アイドルになりたいね」って話をしていました。

――そこから実際に<iDOL Street>の候補生になることができた。またエイベックスに帰ってこられましたね。

カエデ:こうやってまたお世話になることができて本当に嬉しいです。

カエデフェニックス

――10年間アイドルオーディションを受け続けていたと言っていましたが。

カエデ:小学校高学年からなので、11歳とか12歳の時から受けていました。

――候補生になった後も受け続けていたんですか?

カエデ:実は、その後はしばらくオーディションは受けていなくて。大学受験に向けた勉強をして、大学に入学した後はアイドルはいいかなと思う時期があったんですけど、東京に上京してきてアイドルのライブに行く回数が増えて、やっぱりアイドルになりたいなという思いが強くなりました。

――「MONSTER IDOL」の合宿で『TOKYO IDOL FESTIVAL』のTシャツを着ているのを見て、本当にアイドルが好きなんだなと思っていました。

カエデ:そうなんですよ。3年連続行っていました。

――特に好きだったグループは?

カエデ:もう解散しちゃったんですけどCheeky Paradeが大好きで、毎月定期公演に行ったり、チェキを撮ったりしていました。

――SUPER☆GiRLSの妹分で、2018年に解散したグループですね。ほかには?

カエデ:WACKのアイドルも好きだったので、リリースイベントにはよく行っていました。

――スパガもWACKも好きというのは、グループカラー的にも珍しい気がします。

カエデ:共通するのはやっぱりライブが楽しいところですね。パフォーマンスがキラキラしているアイドルが好きで。

――クロちゃんともアイドルの趣味は合いますよね。

カエデ:そうです。すごく似てるなと思います。<iDOL Street>が好きなのもそうなんですけど、王道のアイドルに惹かれる部分はありますね。

――だからこそ豆柴の大群の二面性が楽しめるというのも。

カエデ:私はキラキラした王道のアイドルになりたかったんですけど、やってみたらかっこいいパフォーマンスもすごく楽しくて。