BRAHMAN、初のオンラインライブを開催した意味 ILL-BOSSTINO&KOとぶつけたライブというエンターテインメント

 一気呵成。ほぼノンストップだったので、前半、中盤、後半と区切っていいのかわからない。ただ、あえて言うなら中盤の「不倶戴天」が最高だった。

 TOSHI-LOWはカメラににじり寄って〈言い訳すんなよ小僧!〉と中指をおっ立て、ギターソロ直前には「どうなってんだよこの国、お前が言う番じゃねぇのか?」と煽ってみせる。権力者と傍観者を派手に吊るし上げるこの曲は、最後に〈全ては試練 すなわち 赦すってことだ〉とピースサインを掲げることで景色が反転するのだが、この日は違った。〈赦すって…〉と言いながら二本の指を上げた彼は、すぐに人差し指を引っ込めて〈今は赦さねぇことだ!〉と絶叫。その直後、ステージに入ってきたのはILL-BOSSTINO。5人が怒涛のテンションで吠え狂う「CLUSTER BLASTER」になだれ込んでいくさまを見て、思わず立ち上がっていた。冷静なレポートなど無理だ。まさか、自宅のPC前で〈みなごろしぃぃぃ!〉と叫ぶ日が来るとは思わなかった。

 BRAHMAN初のオンラインライブ、『IN YOUR【  】HOUSE』。場所は札幌KLUB COUNTER ACTION。当日は生中継も行われ、全国のライブハウスやクラブで無料配信、ドリンク代のみを負担すれば誰でも入場可能の形が取られていた。ライブハウス支援プロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE」とのタッグを組んでのことである。

 困窮する全国のハコを支援すること。一人でもいいから自らの行動を促すこと。その試みは非常に彼ららしいと思うのだが、なぜ札幌でなのか、ずっと気になっていた。別に北海道は彼らの地元ではないし、想い入れの強いハコは他にもあるだろう。たとえば「東北ライブハウス大作戦」で作られた3軒。あるいは都内でやるほうがシンプルに無駄がない。だが、なるほど。BOSSとの共演の数曲後、SLANGのKOが乱入し「守破離」が放たれた瞬間にすべて腑に落ちた。

 仲間なら各地にいる。助け合ってきた友人や恩人も全国にたくさん。ただ、コロナ禍におけるどうしようもない怒りを体現するなら、ILL-BOSSTINOとKOしかいなかった。怒りを怒りのまま直接ぶつけあい、それを同じ熱量で撃ち返し、結果ちゃんとエンターテインメントに落とし込む。そういうことができるのが北の地に根を張るこの二人なのだ。「守破離」では地獄の使者みたいな叫びを轟かせていたKOが、その後「全国のみなさーん、お久しぶりっす」「またいつかライブハウスでお会いしましょう」と妙にほのぼのしたMCをしていたのも良かった。すっげぇ怖い。けどすんげぇ優しくて頼もしい。これは確かに怒りであり娯楽であり共闘なのである。

 改めて時系列を追っていこう。19時30分ちょうどに始まったライブは「TONGFARR」からのスタート。BRAHMAN結成後に初めて作ったきっかけの歌であり、何度でもここから仕切り直す歌である。ステージに立つ4人は、緊張の中にも確かな喜びを滲ませた表情をしていた。

「大変な時代はまだ続く。迷い続けろ、失い続けろ、闘い続けろ。さぁBRAHMAN始めます!」

 TOSHI-LOWの宣言と共に「The only way」「賽の河原」「BASIS」が連打されていく。曲間をできる限り省いたノンストップの演奏はいつものことで、普段なら続々とクラウドサーファーが沸き、そのフロアにあえて飛び込んでいくTOSHI-LOWがいる、みたいなド密の展開を見せるところ。だが、無観客ゆえに引き立ったのはプレイの揺るぎなさだった。

 大胆に暴れているようで、4人の足並みは驚くほど安定している。ドラムが走れば3人がそれに一瞬で追いつき、長すぎると思えるタメでもぴたりと呼吸が揃う。拍の取り方も難しいようなコーラスだって、なんだかんだ全員が自分のパートを全うしているのだ。阿吽の呼吸、と書けば連れ添った老夫婦のようだが、アスリートのごとくにカラダを張り、たった数曲で汗が噴き出すパフォーマンスを見せながら、BRAHMANだけの「阿吽」が成り立っている。機械的に一定なのではなく、走ったり止まったり静かになったり激しくなったり、極端な動きを見せる楽曲だからよけいに人間臭い。人間同士が互いを信じることでしか生まれ得ない、ロックバンドの究極的なダイナミズムだ。極端な熱のカタマリが向こうから迫ってくる。画面やスクリーンを超えて心臓が鷲掴みにされていく。ただ演者を映す以上のアングルで4人の表情に迫っていくカメラワークも素晴らしかった。