NiziU NINA、情熱を発揮する頼もしい末っ子 ボーカル面を牽引し表現の領域を開拓

NiziU NINA、情熱を発揮する頼もしい末っ子 ボーカル面を牽引し表現の領域を開拓

 『Nizi Project』から誕生したグローバルガールズグループ・NiziUのメンバー9人によるデビューまでの軌跡を、彼女たち自身のインタビューを基に明らかにしていく特別番組『NiziU 9 Nizi Stories』がHuluにて配信中。今回は、同番組第9回でスポットが当てられたNiziUメンバー・NINAの魅力を紐解く。

 NINAについてメンバーが「甘えん坊」「愛嬌がすごい」というグループの末っ子らしい一面とともに明かした「一番は本当に、歌声」「すごい努力家」という魅力は、地域予選の時点で視聴者とJ.Y. Parkの心を掴んでいたように思う。

 幼い頃から歌うことが好きでボーカルレッスンに通っていたというNINAが『Nizi Project』で初めて披露した「Brand New Day」(安田レイ)は、彼女自身が抱く音楽への愛情がその伸びやかで華やかな歌声に乗って伝わるような、まさに“原石”の輝きを感じさせる歌唱だった。また、「あなたは、自分がどのくらい謙虚だと思いますか?」という問いに対し彼女が返した「私は自分自身を理解しようとしています。なぜかというと、自分を理解しないと迷惑をかけてしまうし、周りの人たちも私を頼りにしないと思うからです」という堂々たる答えを聞いたJ.Y. Parkは「あなたは完全にスターです」「自分に対しての表現がはっきりしている」と語り「今回のグループにこれで自信が持てました」と感嘆の声を上げていた。

[Nizi Project] Part 1 #1-1

 初登場からパフォーマンスやJ.Y. Parkとの受け答えで感じられた志の高さは、その後のオーディションにおける過程で彼女を待ち受けていた数々の課題を乗り越える力となっていった。

NINA

 東京合宿・ダンス審査では大きな緊張感に飲まれ、思うようなパフォーマンス披露が叶わなかったNINAは「自信は膨大な練習量から表れます。NINAさんは優れた才能を持っています。でも、その才能を活かせるかどうかは自分次第です」と厳しい評を受ける。しかし、続くボーカル審査「I’ll be back」(2PM)へぶつけられた彼女の悔しさはパフォーマンス内で大きなエネルギーとなって発揮され、観る者を驚かせたのだった。

[Nizi Project] Part 1 #6-1

「ボーカル審査はみんな歌だけやるだろうと思ったので“受かりに来ましたよ!”ということを見せるために、苦手だけどダンスを入れてみました」

 当時の意気込みを本人はそう振り返ったが、一曲をまるまる自作の振り付けとともに歌い上げ、ラストパートでは力強い高音まで響かせた彼女に、J.Y. Parkは「今、踊りながら歌いましたね。息が切れそうなのに一曲を歌いきるなんて信じられない。これは元々、男性6人が歌っている曲です。(歌いきるには)息が切れてもおかしくないのに、素晴らしい」と賛辞を贈った。

NINA

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる