香取慎吾、YouTubeチャンネル登録者数が10万人突破 「銀の盾」を手に満面の笑顔

 8月21日、香取慎吾が自身の公式Instagramにて、YouTubeチャンネルの登録者数が10万人を突破したことを祝し、YouTubeから「銀の盾」をもらったことを報告した。

 この「銀の盾」はYouTubeが行うYouTubeクリエイター表彰プログラムというサービスの一環で、参加基準を満たすクリエイターのみがアワードを受け取ることができる。盾の種類はシルバー、ゴールド、ダイヤモンドとあり、それぞれチャンネル登録者数が10万人、100万人、1000万人になるごとにグレードアップしていく仕様だ。香取の現在のチャンネル登録者数は約31万人(本人の投稿より)であり、今後は100万人を目指しているという。この報告にファンから「おめでとう」「これからも楽しませてください」などのお祝いや応援のコメントが殺到した。

 YouTubeやInstagramなどのSNSでの発信はもちろん、ドラマ・映画出演まで精力的な活動を見せる香取。9月18日には香取慎吾主演×三谷幸喜脚本・演出でAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』(Amazon Prime Video)の配信が開始。同作には新しい地図として共に活動する稲垣吾郎の出演も決まっており、7年ぶりの共演を果たす。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる