小泉今日子、音楽ストリーミングサービスにて計104タイトル726曲の配信開始

小泉今日子、音楽ストリーミングサービスにて計104タイトル726曲の配信開始

 小泉今日子が、8月21日AM0時より主要定額音楽ストリーミング(サブスクリプション)サービスにて楽曲配信をスタートした。

 デビュー曲「私の16才」(1982年)から、大ヒット曲「渚のはいから人魚」(1984年)、「The Stardust Memory」(1984年)、「なんてったってアイドル」(1985年)、「木枯しに抱かれて」(1986年)、「学園天国」(1988年)、「あなたに会えてよかった」(1991年)、「優しい雨」(1993年)、「潮騒のメモリー」(2013年、天野春子名義)などのシングル曲はもちろん、アルバムやシングルのカップリングに収録された楽曲、計104タイトルのべ726曲が一斉解禁された。

 そして計104タイトルのべ726曲のサブスク解禁を記念して、“小泉今日子 楽曲シェアキャンペーン”がスタート。本日から9月6日23時59分の期間で、一番好きな小泉今日子の楽曲を、ストリーミングサービスより(#キョンキョンを聴こう)をつけてTwitterまたはInstagramでシェアした対象者の中から、抽選で10名に、直筆サイン入り小泉今日子オリジナルクリアファイルをプレゼントする。あわせて、各ストリーミングサービスでもそれぞれプレゼントが当たるなどのキャンペーンを開催中。詳細はキャンペーンページにて。

 またサブスク全曲解禁に続き、8月21日20時から、小泉今日子初の無観客配信ライブ『唄うコイズミさん』が動画配信サービス「GYAO!」にて独占有料配信。懐かしのヒット曲はもちろん最新アルバム曲まで、アコースティック編成による、全10曲約50分のプレミアムなライブのチケット、ライブグッズの「唄うコイズミさんTシャツ(ホワイト/ブラック2種類)」と「唄うコイズミさん×NOTABAG コラボレーションバッグ(ブラック)」も販売中。

小泉今日子コメント 

特に若い方から「サブスクまだですか?」とよく聞かれていました。

104タイトル、726曲を一気に解禁するそうです。

時代と共に色々な仲間と過ごした時間が曲の中に閉じ込められています。

羽を休めていた鳥の群れが空に向かって飛び立つような光景を想像します。

自由な空をどこまでも飛んでいってくれますように。 

Photo by 岩澤高雄


小泉今日子スペシャルサイト
小泉今日子ストリーミング配信サイト
キャンペーン詳細URL
「唄うコイズミさん」チケット販売サイト
「唄うコイズミさん」グッズ販売サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる